【メトロイドドレッド 攻略】消える⁉ハメてくる⁉ 最初のボス『コルピウス』の倒し方

スポンサーリンク
ゲーム
この記事は約17分で読めます。

はじめに

「メトロイドドレッド」で最初にサムスの前に立ちふさがるボス『コルピウス』の攻撃パターンや攻略法についての紹介です。

このコルピウス君、最初のボスにもかかわらず3つの段階があり、特に3段階目ではある攻略法に気づけないと絶対に倒せないので「これどうやって倒すの( ゚Д゚)」となる方もいるかと思います。 ・・・私も初見気が付かなかったです(*’ω’*)

まぁ、それに気づけさえすればそれほど手強いボスではないのですが、本作で戦う最初のボスになりますので油断しないようにしましょう。

またコルピウス撃破後は一定時間透明化が可能になる「ファントムクローク」を取得できます。

メトロイドドレッド ボス攻略・倒し方

コルピウスの攻略ポイント

コルピウス戦のポイント
  • ダメージ蓄積に応じて3段階の形態変化あり
  • 弱点は基本的に「頭」、透明化時のみ「尻尾の光球(コア)」になる
  • 長い尻尾による攻撃は範囲が広いので早めの回避を心がける
  • 3段階目にやってくる尻を向けての尻尾攻撃は下をスライディングでくぐることで対処可能

コルピウスの長い尻尾を使った攻撃は攻撃範囲が広く、回避動作が遅れると食らってしまいますのでモーションをしっかり読んで回避できるようにしましょう。

ダメージの蓄積に応じて、透明化する第2形態尻を向けての尻尾攻撃や透明化など複合的な攻撃を繰り出してくる第3形態と変化するのも特徴。 特に第3形態時にはこちらにお尻を向け弱点である頭を隠してしまう「特殊尻尾攻撃」を行うようになり、これの攻略法が分からないと一方的にやられてしまうのでしっかりチェックしておきましょう。

第1形態

攻略のポイント

第1形態時には縦横2種類の尻尾攻撃と体液攻撃が主な攻撃手段となります。 弱点は頭部なのでチャージビームやミサイルで攻撃するようにしましょう。 ちなみに通常ビームは通用しません。

尻尾を縦に突き刺す攻撃はコルピウス本体側に回避して尻尾の中に潜り込めれば弱点の頭を撃ち放題になりますので攻撃の大チャンスになりますが、ちょっと読みづらいので無理に狙うのはやめておきましょう。 また、体液攻撃は地面に着弾する前に破壊できれば回復エネルギーなどが出現しますので狙えるなら狙っていきましょう。

コルピウスの攻撃パターン

尻尾攻撃(縦・横)

コルピウスの長い尻尾を利用した、コルピウス君の主力攻撃です。

縦方向に突き刺すタイプと横方向に薙ぎ払うタイプの2種類があり、縦攻撃の場合は尻尾が地面に突き刺さるので抜くまでと抜いた直後に大きな隙が生まれます。 特にこの攻撃を読んでアーチ状になる尻尾の内部に入り込めれば弱点の頭を撃ち放題になりますのである種最大の攻撃チャンスともいえる攻撃ですね。 内側に入れなくても抜いた直後にある程度撃ち込めるので見逃さないように。

一方横薙ぎの攻撃は出が早く隙が少ないので回避に専念した方が良いです。 ある程度離れていれば当たりませんが心配ならジャンプもしときましょう

基本的には隙の大きい縦攻撃時を狙って攻撃し、横攻撃の場合は回避を優先していくことになりますが、出だしのモーションが微妙に違うのでよく見れば見極められると思います。 これが見極められればコルピウス戦自体がかなり楽になりますので慣れておきましょう。 

横薙ぎの場合は尻尾をヘビのようにかまげる動作が入ります。 

体液攻撃

口から黄色い体液を発射しサムスを狙い撃ってきます。 基本的に自機狙いで飛んできて直撃はもちろん、地面に着弾してもしばらく残り、触れると継続ダメージを受けてしまうので注意しましょう。

ちなみにこの体液弾は地面に着弾する前ならチャージビームなどで破壊が可能で壊せば回復エネルギーなどが出現するので可能なら破壊を狙っていきましょう。

第2形態

透明化し尻尾のコアが光ったら第2形態との戦闘開始

一定のダメージを与えると演出ムービーが入り、コルピウスが透明化し姿を消してしまいます。(うっすら見えますが)

この状態に入ると尻尾にある「コア」が光り始め、ここにダメージが入るようになります。 第2形態では主にここに攻撃を加えていくことになりますのでチャンスがあればバンバン攻撃していきましょう。  ちなみにコアへの攻撃は通常のビーム連射でOKなのでミサイルはあとのために取っておきましょう。

攻撃パターンは基本的に第1形態時とほぼ同じになります。 透明になっていて見えづらいですが尻尾のコアをはじめなんとなくモーションが分かるようになっていますので躱すのはそれほど難しくないと思います。 何より先ほどもチャンスだった尻尾縦攻撃時に弱点のコアが狙い放題になるので畳みかけていきましょう。

左右のマグネットサーフェスを利用すればコアも狙いやすくなります。 ずっと摑まってると攻撃されちゃいますので攻撃を誘導して尻尾が刺さったらマグネットにくっついてビーム連射、という流れで攻めていきましょう。

ある程度ダメージを与えると尻をこちらに向け第3形態へ

そうしてある程度尻尾のコアにダメージを与えると、コルピウスが透明化を解除して姿を現します。 が、その姿勢はお尻をこちらに向け弱点である頭が反対側に行ってしまっているためこのままでは攻撃することができません。 そうこうしている間にもお尻側では尻尾がサムスを攻撃してきますので、このままではやられてしまします。 まさに絶体絶命(;’∀’)

実はここでは”あるアクション”をする必要があり、これに気づけないとこの姿勢のままハメ殺されるのでこの姿勢になったら即座に対応できるようにしましょう。

第3形態

攻略のポイント 特殊尻尾攻撃は気づけさえすればカウンターチャンスに早変わり!

第2形態を突破したらお尻を向けた状態での尻尾攻撃を行ってきます。 先ほども言いましたがこの状態になったら弱点である頭が反対側に合って狙えないので、あるアクションで状況を打開する必要があります。 それは・・・

”スライディング”でコルピウスの下をくぐる”

です。 これで反対側にある頭の方へ移動することができ、本格的に第3形態との戦いが始まります。

それとこのスライディングで下をくぐる際、一瞬カウンターチャンスが発生し、Xボタンでカウンターを発動することでカウンタームービーに投入し、大ダメージを与えることができますので積極的に狙っていきましょう。 ちなみにカウンター成功後のムービー中の攻撃は自前でやる必要がありますので射撃ボタンを押すのを忘れないようにしましょう。 ミサイルがオススメです。

初対戦時「え、え、どうすんのコレ(@_@;)」とテンパりながら「まさか…」と試したスライディングで状況を打開した図(なおカウンターは当然できず追撃食らい)

硬化したコアにミサイル乱射してるテンパり具合が我ながらオモロいですね( *´艸`)

攻撃パターン

第3形態の攻撃パターンはこれまでの第1、第2形態を複合したような感じになります。 基本は第1形態とほぼ同じですが、ある程度ダメージを与えると透明化も行ってきます。 弱点や攻撃パターンなどはそれぞれの形態時と同じになりますのでこれまでの経験を活かして上手に立ち回っていきましょう。

毒ガス攻撃

第3形態で唯一追加されているのがこの毒ガス攻撃。 口に溜めた毒ガスを地面に吐き出し、コルピの前面広範囲をダメージエリアにします。 

効果時間はそれほど長くなく、効果範囲も地面だけなので左右のマグネットサーフェスに避難すれば問題ありません。 発射前、発射中に大きな隙がありますので慣れればこちらの大きな攻撃チャンスとなります。

最初のボス・コルピ君 まとめ

ここカッコいいよね(*´ω`*)

という訳で記念すべき最初のボス・コルピ君の攻略の流れを簡単に紹介してきました。 改めて簡単にポイントをまとめてみます。

コルピウス戦のポイント
  • 第1形態時は尻尾攻撃の縦横を見極めつつ頭を攻撃。 チャージビームかミサイルが有効
  • 第2形態(透明状態)は尻尾のコアを攻撃。 通常ビームが効くのでLボタンのフリーエイム連射がオススメ。 左のマグネットも活用すると狙いやすい。
  • コアを破壊すると姿を現しお尻をこちらに向けて特殊尻尾攻撃をしてくる。 これはスライディングで下をくぐることで対処。 くぐる際にカウンターチャンスもあるので狙いましょう。
  • あとは第1、第2を複合したような攻撃をしてくる。 追加の毒ガス攻撃は隙が大きいので慣れたら攻撃を叩き込もう。

・・・という感じです。

主な攻撃手段の尻尾攻撃は結構出が早く、慣れないうちは結構食らってしまいますが、よく見て「縦」か「横」か見極められるようになれば素早く的確に対処できるようになり、コルピ戦自体が非常に楽になりますのでやられても諦めず挑んでいきましょう。 そのうち慣れます(*´ω`*)

それとなによりお尻を向けてくる「特殊尻尾攻撃」の対処法が分からない、という方もいたかと思います。 一応戦闘開始時のムービーでコルピの下をサムスがすり抜けるシーンがあり、勘のいい方ならすぐ気づくかもしれませんが、私のように間の良くない人間では気が付かないこともあるかと思いますので、もし「これどうやんだよ、ハメかよ(´;ω;`)」という思いで読んでいただいた方は今すぐスイッチを起動して試してみてください。

そこまで来れた方ならもう撃破は目の前です。 ボコボコにしてやりましょう(/・ω・)/

今回は以上です。 読んでいただきありがとうございました。

メトロイドドレッド ボス攻略・倒し方

コメント

タイトルとURLをコピーしました