ニンテンドースイッチで配信開始の「N64」タイトルで遅延が発生⁉ 上位プラン加入はちょっと考えた方がいいかも

スポンサーリンク
ゲーム
この記事は約7分で読めます。

ニンテンドースイッチで「N64」タイトルが配信開始。 しかし・・・

突然ですが皆さん、ニンテンドースイッチで昔懐かしの「ニンテンドウ64」のタイトルが遊べるようになったのはご存じですか?

どういうことかと言いますと、任天堂が提供するオンラインサービス「Nintendo Switch Online」に新たに設立された「上位プラン」の提供サービスとして「ニンテンドウ64」と「メガドライブ」という2つのハードのタイトルが配信され、プランに加入することでそれらのタイトルを期間中いつでもいくらでも遊ぶことができる、といった感じです。

配信タイトルには「スーパーマリオ64」や「マリオカート64」、「ゼルダの伝説時のオカリナ」「スターフォックス64」など往年の任天堂ファンなら必ずと言っていいほどプレイしているだろう名作が並び、今後も「マリオストーリー」や「カスタムロボ」といった懐かしの名作が順次追加されるとの告知もあり、発表当時多くの任天堂ファンが期待を膨らませていました。

ところがいざ10月26日にサービスが開始されるとSNSを中心に同サービスへの否定的な意見が噴出。 その内容も「一部のゲームにおいて入力遅延が発生し操作性に大きな悪影響が発生する」「ラグが発生し音声も飛び飛びになる」など、割と無視できないレベルの深刻な報告が相次いでいるようです。

海外のツイッターで配信されたマリオカート64の対戦映像です。

映像・音声ともに飛び飛び状態でこれではまともに対戦などできませんね(-_-;)

実際「スイッチ 64 不具合」等で検索するとかなりの件数ヒットしますのでごく一部のユーザーのみに発生しているわけではなく根本的な技術的問題みたいですね。

実は配信以前から否定的な意見のあった上位プラン

ほっぺを膨らませて怒る子供のイラスト(男の子)

そんな配信後に大きな批判に晒されてしまった「上位プラン」ですが実は配信前から大分否定的な意見も多く寄せられていました。

その要因としては「上位プランの料金設定が高すぎる」という事が大きなポイントとなっているようです。

この上位プランの料金は「12か月:4,900円」となっており通常のオンラインプランと比べると2500円程の割増料金となります。 そのうえ通常プランと違い、1カ月、3ヶ月等の小刻みな期間での加入はできません。

もちろんこれを高いと感じるかどうかは個人の価値観の問題ですし、「2,500円程度の上乗せでロクヨンの名作がやり放題なんて絶対お得だろ!」と感じる方も勿論いると思います。 実際、配信タイトルをフルで遊ぶのではあれば間違いなくコスパ的にも素晴らしいプランだと思います。

ただ、やはり64のソフトという事で今から20年前のソフトですし、全部のソフトを遊ぶわけでもないので2500円増しはやっぱり高い、と感じる方も多いようで、この上位プランの料金説明に関する動画では「バッドが「グッド」を大幅に上回る評価が付けられたりしていました。

おわりに 何とか対応してほしいですね

というわけで今回はようやく配信が始まったニンテンドー64タイトルの不具合についてネットで目に付いたところを紹介させていただきました。

正直個人的には64タイトルには凄い思い入れがあって、第2期に配信が予定されている「マリオストーリー」や「カスタムロボV2」「F-ZERO X」を目当てに上位プランへの加入も考えていたのですが今回の騒動を見てちょっと考えることにしました(-_-;)

料金に関してはまぁ高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれだと思いますしやりたいタイトルが多くある方なら入って損はないかな、とも思っておりました。 が、せっかくそういった金額を払ってプレイする懐かしのソフトがまともに遊べない、というのであれば企業の信頼に関わるレベルの話かな、と思います。 10月29日現在、任天堂からの公式発表や対応の告知は無いようですが、これからも続けていくのであれば可能な限り早急に誠実な対応を行ってほしいですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました