ピクミンと一緒に思い出たくさん作ろう!話題のお散歩ゲームアプリ「ピクミンブルーム」が楽しい!

スポンサーリンク
ゲーム
この記事は約12分で読めます。
皆さんは「ピクミン」という生き物を知っていますか?

皆さんこんにちは。

突然ですが皆さんは「ピクミン」という生き物をご存じですか?

ピクミンは任天堂が2001年にゲームキューブで発売したゲームソフト「ピクミン」に登場するキャラクターで頭から葉っぱを生やした小さな宇宙人のような外見をしており、1個体ではなく何十、何百という数で生息しています。

とある惑星に不時着してしまった主人公・オリマーのために時には敵と戦い、時には物資を運び、そして時には敵に食べられ命を落とす・・・そんな可愛く頼れながらも儚い存在、それがピクミン達なのです。

そんな可愛いピクミン達の力もあって「ピクミン」は大ヒット。 現在では最新機スイッチで「3」までのナンバリングや数々のスピンオフ作品も発売され、任天堂のお祭りゲーム「スマブラ」にも「ピクミン&オリマー」が参戦するに至っております。

さて、そんなピクミンシリーズですが2021年11月、何とスマホで最新作「ピクミンブルーム」がリリースされました。 おぉーー(*’ω’*)

本作は5年前に配信され大きな話題となったあの「ポケモンGO」と同じく、GPSを使った位置情報を参照し、実際に歩くことによってピクミンを成長させたりアイテムを入手したりして遊ぶゲームとなっています。

戦闘要素などは(今のところ)無く、その代わりに「その日歩いた歩数の計測」や「その日歩いた場所に花が咲く」など、ゲームというよりお散歩アプリのような印象の作品となっております。 根を詰めてやり込むというより、一日数回チェックしてピクミンの動きを楽しみつつその日の動きを振り返る・・・そんな楽しみ方をするゲームとなっております。

ではそんなピクミンブルームがどんなゲームなのか簡単に紹介したいと思います。

ピクミンブルームってどんなゲーム?

「ピクミンブルーム」がどんなゲームか一言で言うと「歩いてピクミンと触れ合う」そんなピクミンファンのためのゲームとなっております。

「ポケモンGO」をやっていた方なら大体の感覚は分かると思いますがこの「ピクミン」も実際の地図情報を参照し、実際に移動することでフィールド上の自キャラが移動していく「地図情報参照型散歩ゲームアプリ」となっております。

なのでゲームを始める際は携帯の「GPS」「位置情報」機能をONにしておかないと遊べません。 また歩数計測も行うのでゲーム初回プレイ時に「歩数計測アプリ」のインストールも促されます。これ入れないと恐らく遊べないのでインストールしておきましょう。

難しい操作は一切なく、アイテムなどもピクミンが勝手に拾ってくれるのでポケモンGOのように歩きスマホしなくても出先でちょっと落ち着いた時にチェックする程度で十分遊べます。 歩いた歩数によってレベルが上がったりピクミンが育ったりするのでスマホを閉じて普段と同じように生活していてもゲームが進められるんですね。

アプリを開いていなくても歩数はカウントされるようなので歩きスマホやアプリを開きっぱなしで歩く必要はないです。 歩けばピクミンの苗が育って手持ちのピクミンが増えたり、レベルが上がって連れていけるピクミンの数が増えたりしてゲームがより便利に、より楽しくなっていきます。

ゲームを進めるとピクミンの苗が手に入るのでそれを専用プランターに入れて規定回数歩くと引っこ抜けるようになりピクミンを増やすことができます。

プランターは基本2個(手前の2つ)+アイテムを使うことで枠を増やすことができます(奥の4枠)。

が、基本2個以外の増やした枠は一回引っこ抜くと使えなくなる使い捨て方式なので使いすぎ注意。 ・・・まぁ序盤では特に枠を増やさなくてもいい感じですが後々苗がいっぱい手に入ったら2個じゃ足らなくなるかもしれません。 まぁ、いっぱい歩けばいいんですけどね(*’ω’*)

見ていて楽しい!歩いた場所に花が咲く「花植え」機能

ピクミンブルームには「花植え」という機能があり、マップ上の歩いた場所にきれいな花を植えながら歩くことができるようになります。 キレイです(*’ω’*)

自分の歩いたマップがどんどん花であふれていくのは見ていてとても楽しいですね。 また、この植えたお花は他の人と共有もできるようなので仲間や友達と自分の花畑をい比べてみるのも楽しいかもしれませんね。

この機能を使うためにはピクミン達にエキスを使うともらえる「花びら」を消費するので遊ぶ前にピクミン達といっぱい触れ合ってたくさんの花びらをもらっておきましょう。

ちょっとした日記代わりに。 ライフログ機能でその日1日を締めくくろう

個人的に「あ、これいいな」と感じたのがその日一日を歩数や写真、ちょっとしたメモ付きで保存できる「一日のふりかえり」機能。 その日歩いた歩数やその日撮った写真、そしてちょっとしたメモもつけて「その日がどんな日だったか」をおおまかな日記的感覚で書き込んでいくことができます。

画面の端々にピクミンの姿もあり、後から振り返って見ていくのもとても楽しいと思います。

まとめ 散歩や外出が楽しくなる”withピクミン”なアプリ

というわけで先日リリースされたばかりの話題の散歩アプリ「ピクミンブルーム」をちょっとプレイしてみて感じたゲームとしてのポイントをちょっとだけ書いていきました。

戦闘や他のプレイヤーと競う要素度は無く、自分のペースでピクミンを増やしたりふれあいながらマップを花で包んだり、日々の思い出を写真やメモ付きで綴っていったりといった遊び方ができますので激しいゲームが苦手な方や小さなお子様でも安心して楽しむことができると思います。

特に写真と一言メモつきで自分だけの簡単日記をつけることができる「ライフログ機能」と「一日の振り返り機能」はわざわざ日記付けるのはめんどくさい・・・という方には最適。 ピクミンは引っこ抜いた地名も一緒に記録されるので後から見返せば「あぁ、ここでこんな写真撮って、こんなことがあって、ここでこの赤ピクミンと出会ったんだよなぁ・・・(*´ω`*)」といった感じで思い出がよみがえってくること間違いなしです。

イベントだ対人戦だ、と惰性や義務感でやるようなスマホゲーとは一味違うどこまでもマイペースで遊べる「ピクミンブルーム」 皆さんも是非遊んでみてください(*’ω’*)b

コメント

タイトルとURLをコピーしました