【つくろう!ゴルフの森♯1】ゲームの内容とちょっと気になったところを簡単に紹介【カイロソフト】

スポンサーリンク
カイロソフト
この記事は約10分で読めます。
良くも悪くも”いつものカイロソフト”な凡作

はじめに カイロさんの新作「つくろう!ゴルフの森」がリリース

皆さんこんにちは、翔と申します。

さて皆さん、先日11月19日にカイロソフトさんの最新作「つくろう!ゴルフの森」がリリースされたのはご存じでしょうか?  そうなんです、前作「遊園地」以来となる、カイロさんの新作が出たんですよ(*´ω`*)

という訳で今回はこの「つくろう!ゴルフの森」の主なゲーム内容や、プレイしてみて気になった問題点など、購入前に気になるであろうポイントを簡単に紹介したいと思います。

先に言ってしまうと本作は同じくカイロさんの「ゲレンデスキー白書」や「プールパレス」等に近い箱庭製作+経営色強めな内容となっております。 ”ゴルフ”とありますがあまりスポーツ競技系の要素は無いのでそういうのに期待している方は要注意です。

では行ってみましょう(/・ω・)/

「つくろう!ゴルフの森」ってどんなゲーム?

でははじめに今作のゲーム内容について簡単に紹介したいと思います。

ポイントはこちら

本作のポイント
  • 自分好みのコースとショップをレイアウトできるゴルフ場経営ゲーム
  • コースは敷地内に好きなようにグリーンやバンカー、池などを設置できる
  • クラブハウスには決められた敷地内に各種店舗や設備を設置していく
  • チャレンジ要素としていつもの☆ランクアップ方式がある
  • 大会などのチャレンジ要素はほぼ無く、やり込み要素は薄め
  • 「ゲレンデスキー白書」などの箱庭+経営が好きな方におすすめ
  • 縦・横どちらの画面でも遊べる

【ゲーム内容】クラブハウス&コースを作れるゴルフ場経営ゲーム

まず本作がどんなゲームかについてですが、簡単に言うと「物を販売したりする”クラブハウス”」「実際にお客さんにゴルフを楽しんでもらう”ゴルフコース”」の2つを自分好みに作り上げ、自分だけのゴルフ場を製作・運営していく『ゴルフ場経営シミュレーションゲーム』です。

お店とゴルフコースという別々の施設を一緒に運営するタイプのゲームで、同じカイロさんの「スキー白書」に近い感じです。

”ゴルフ”が題材ですがルールなどは物凄く簡略化されており、ゲーム部分にも特に関わらないので別にルールを知らなくても問題ありません。 

販売やポイント収集を行う「クラブハウス」

「クラブハウス」は飲食店やゴルフショップなどのお店やテーブルやソファなどの設備を置いてお客さんに飲食物や品物を買ってもらったり、くつろいでもらったりするためのエリアです。 お金やポイントを取得する重要なエリアになりますのである意味コース以上に重要かも(`・ω・´)

UIは他のカイロさんの箱庭ゲームをプレイしたことのある方なら見た瞬間に理解できる安心のカイロさん仕様。 見やすく・簡単なので初見の方でも1分で使いこなせるでしょう。

安心と信頼のカイロソフトUIです。 「回転」「設備移動」も今回は初期からあってとても便利。

センスが問われる⁉ けっこう自在に作れちゃうゴルフコースづくり

クラブハウス同様もう一つの重要要素となるのがゴルフ場に無くてはならない設備・・・そう、「ゴルフコース」です。 ・・・まぁ当たり前ですよね(;’∀’)

本作ではクラブハウスの奥の敷地にゴルフコースを作り、お客さんにゴルフを楽しんでもらうのが大きな目的のひとつです。 お客さんによって「景観のいいコースがいい」と言う人や「難しいコースで腕を磨きたい」と言う人など、お客さんによって求めるものが異なるので多様なコースを用意して上げるのが重要になってきますね。

とはいえ最初はあまり難しく考えることは無く、言われたとおりにスタートとゴールのピン設定をするだけでとっても簡単にコースが作れちゃいます。 後からでもレイアウトの変更や池やバンカーなどの追加設置などは簡単に行えるのでとりあえず作ってみてあとからどんどん景観を追加してこだわりのゴルフコースを作り上げましょう。

色々こだわれるところはありますが基本は「スタートとゴールを指定してグリーンを敷いて看板建てるだけ」です。 歩道で区切られた黄色いエリアがそのコースのエリアとなるので、歩道の敷き方を工夫すればいろんな形のコースを作ることが可能ですね。

【ゲーム内容】コンペを開催して団体客を満足させよう

クラブハウスやコースを整備したら「コンペ」(親睦会)を開催して団体のお客さんにまとめてゴルフを楽しんでもらうことができます。 このコンペに成功し、お客さんたちに満足してもらえれば新しいお客さんを紹介してもらえたりしますので積極的に開催していきたいところです。

コンペではゴルフ場にあるコースのうち、3~5つまでのコースを選択し、それらすべてを回っての総合的な満足度で成否が決まってきます。 なので先述の通り、いろんなお客さんのニーズに応えられるコースをいくつか用意しておくことが大事になってくるんですよね。 

この、お客さんに合わせたコースを色々考える時間が結構楽しいです(*’ω’*) ラフや池を増やして難易度を上げたり、花や飾りを増やして景観をアップしたり・・・色々考え、こだわってると時間がどんどん過ぎていってしまいます。

今作では主にこのコンペによって新しいお客さんを開拓していくことになりますので頑張って攻略していきましょう。

「女子会チーム」や「ちびっこチーム」など実に様々な団体客がコンペの申し出をしてきますので様々な趣向のコースを用意してどんなお客さんにも満足していただける、そんなゴルフ場を目指しましょう。

・・・ひとつ疑問なのはなんで費用こっち持ちなんですかね(;^ω^)

【ゲーム内容】いつもの「ランクアップ要素」もあります。 目指せ☆5ゴルフ場!

こういったカイロさんの経営ゲームではおなじみの「☆ランクアップ形式」は本作にもしっかりあります。

「コース数」や「収入」「宣伝実行数」「お店の数」など、協会が指定したランクアップ条件を満たすことで「☆」がどんどんランクアップしていき、それにともない作れるコースの数やクラブハウスに設置できるお店の種類、ゴルフコースに設置できる設備などが増えていき、より多彩で豪華なゴルフ場を作れるようになて行きます。 いわゆる経営系カイロさんおなじみのチャレンジ要素ですね。

基本的にはこのランクアップを目指すことがとりあえずのゲーム目標になりますので頑張って達成するようにしましょう。

ランクアップすれば設置可能な設備が一気に増え、より多彩な建築が行えるようになります。 とりあえずはランクアップを第一に目指しましょう。

ゲーム内容簡単まとめ

という訳で「ゴルフの森」の内容を簡単に紹介していきました。 他にも「宣伝」や「アイテムショップ」などいろんな要素があったりしますが基本的にはいつものカイロソフトさんの経営ゲームと変わらず、いつもと同じ楽しさを提供してくれます。

本作のゲームプレイの流れを一言でまとめると「資金に気を付けながらクラブハウスやゴルフコースを充実させていき、コンペでお客さんを増やしながらランクアップを目指していく」といった感じですね。 最初にも言いましたが「スキー白書」や「プールパレス」が好きだった方にはおすすめできますかね。

・・・ただし1日プレイして正直ちょっと気になるところとかもあったりしましたのでその辺も紹介していきたいと思います。 

ちょっと気になったところ

チャレンジ要素が薄め

ファイル名: ゴルフ場ランクアップ_Moment-1024x512.jpg
ランクアップ以外のやり込みがちょっと薄い感じがします。

まず一つ気になったのが「チャレンジ要素」の薄さです。

本作には大筋の目標として「ランクアップを目指す」、というものがありますがこれ以外にこれといったチャレンジ要素が無く、選手一人を育てて大会に出るとか、そういった制覇系のやり込み要素が薄いです。

個人的には「ダンジョン村」のダンジョン攻略や「バーガー堂」や「すし街道」のコンテスト要素など、ステータスを上げて制覇していくチャレンジ要素が好きなので、ここはちょっと物足りなく感じましたね。

ランクアップが目標としてあるうちはいいですが全達成してしまった後や2週目以降のモチベが続くかどうかはちょっと微妙なところですね。

ゴルフコースの地形に凹凸を付けられない

次に気になったのがゴルフコースの平坦さです。

池やバンカーの設置など、ある程度自在にレイアウトできるコースづくりですが、地形の高低差を作ったりといったことができず、コースは平坦なものばかりとなってしまい、ゴルフコースづくりシミュとしてはちょっと物足りなさを感じてしまいます。

過去作の「キャンプが丘」では高低差を作れたりしていましたので技術的にできない、という訳ではないと思いますが挙動やらの調整が難しかったんですかね・・・(-_-;)

個人的には小高い丘の上にゴールを作ったりグリーンにも傾斜をつけてライン読みの難しいコースを・・・なんて感じでやりたかったのでちょっと残念です。

池やバンカー、木や草花などはありますが地形が平面なのでちょっと物足りなく感じてしまいます

建てられる設備がやや少なく建設の自由度は低め

箱庭制作に関しては基本的にいつものカイロさんなんですがクラブハウスやゴルフ場に設置できる設置物が初期からあまり種類が多くなく、ランクアップなどによる追加もやや少なく、バンバン好きなものを建てられる建設シミュとしての楽しさはいつもよりやや弱い感じがします。

クラブハウスに建てられるお店は「パン屋」や「アイス屋」など初期では3種ほどしかなく、ランク3まで上がっても10種程度。 ゴルフコースに設置できるアイテムも種類が少ないうえに軒並み高額で、好き放題に置いていくとすぐに破産してしまいます。

なのでクラブハウス・ゴルフコース共に割と地味で変わり映えしない絵面になりやすく、建設に関しては序盤から中盤まではあまり自由度は高くないように感じました。

内容はかなり単調

また、本作は結構やれることが少なく、やや単調と言わざるを得ないかな、とも思います。

先ほど言った通り、クラブハウスにしろゴルフコースにしろある程度建てた後はコンペでお客さんを開拓するかゴルフ場を宣伝するくらいしかすることが無く、施設の成長要素も簡単なレベルアップ位なので他のゲームに比べると飽きが来るのが速いかな、と感じました。

「つくろう!ゴルフの森」まとめ 良くも悪くも”いつものカイロソフト”

という訳で今回はカイロさんの新作「つくろう!ゴルフの森」 を簡単に紹介させていただきました。

簡単にまとめると「良くも悪くもいつものカイロさんらしいゴルフ場制作箱庭運営ゲーム」という感じですね。 カイロ作品のほとんどをプレイしている私としてはもうやった瞬間「あぁ、いつもの感じね」といった感じですぐに馴染んでプレイできました。 こういった直感的にプレイできるようなお手軽なゲーム性はやはりカイロさんの大きな武器ですよね。

しかし逆に言うと「いつものカイロさん」過ぎて真新しさが少なく、他のカイロさん作品をすでに持っている方が新しく買うほどのものか、と言われるとちょっと手放しにオススメはできない感じもしましたね。 

ゲーム性が似通ってるだけならまだしも先述の通り設備が少なかったりとやや見劣りするようなところもあるんですよね・・・ 正直言ってしまうと今作と似通った過去の名作、「スキー白書」や「ゆうえんち夢物語」を比較してどっち買った方がいいか、と聞かれたら「後者の方がいいよ」と言ってしまいます・・・ まぁ「ゆうえんち」が力作過ぎたとも言えますが(`・ω・´)

それでもいつものカイロさんのお手軽なゲーム性ででゴルフ場制作ができる、という点は大きな魅力ですし、自分の作ったゴルフコースを頑張って回ってくれているドットキャラたちの可愛さはやはりそれはそれで”いつものカイロソフト”クオリティなので個人的には買って損は無かったかな、と思っております。

1周クリアするくらいまではきっと楽しくプレイできますので「初回プレイで☆5の目標達成まで楽しめれば満足だよ」という方には特におすすめです。 逆に「2周目、3周目と繰り返しやり込めるようなゲームがやりたい」という方にはちょっとオススメできないかもしれませんので、慎重に購入するかどうか検討してください。

では今回は以上です。 今後プレイした記録なども少し書いていきたいと思いますので興味のある方は是非覗いてみてください。

では(`・ω・´)

コメント

タイトルとURLをコピーしました