【高難易度アクションゲーム】CUPHEADカップヘッド&マグマン フィギュアコレクション

スポンサーリンク
カプセルトイ
この記事は約23分で読めます。

今回は2021年1月に発売される「CUPHEADカップヘッド&マグマン フィギュアコレクション」を紹介させていただきます。

名作アクションゲーム「CUPHEAD」に登場する、主人公の兄弟、カップヘッドマグナンの2人がカプセルトイフィギュアとして登場します。

ゲームをプレイしていると自然に愛着がわいてくる2人のフィギュア、机に飾っておけば、ゲームをプレイした時の苦労してクリアした思い出が頭の中に蘇ってきます。プレイしたことがある方は是非手に入れましょう!

また、ゲームをプレイしたことがない方にも簡単に説明しますので、最後まで見て、興味がわいた方は是非プレイしてみて下さいね。

・・・結構難易度高めですがw

CUPHEADカップヘッド&マグマン フィギュアコレクション

©T-ARTS

商品情報

 商品名   CUPHEADカップヘッド&マグマン フィギュアコレクション  
発売日2021年1月
 ラインナップ 全5種
価格1回300円
amazon  2,400円(税込)  
楽天市場2,200円(税込)
  Yahoo!ショッピング  取り扱い無しです

商品説明

超人気2Dアクションゲーム「CUPHEAD」が

ガチャになって大暴れ!

主人公のカップヘッドマグマンに加え、

ゲームではおなじみの「シューティングVer.」や

ゲームオーバーVer.」もラインナップ!

 

本体サイズは約50mm

 

引用:タカラトミーアーツ商品ページ

カナダのインディーズ発の名作アクション「CUPHEAD」を簡単に紹介

Cuphead
©Nintendo

Cuphead』(カップヘッド)は、カナダインディーゲームデベロッパー・StudioMDHRにより開発された2Dアクションシューティングゲーム。ストーリー展開はオリジナルなものであるが、全体的には1930年代を中心とするアメリカン・アニメーションの黄金時代アニメーション映画モチーフとしており、ギャグ絵本などの要素も取り入れられている。

本作は2017年9月29日よりMicrosoft Windows 10Xbox One向けにリリースされた。レトロで可愛らしい絵柄の反面、難易度が高いことで人気を博し、発売から2週間で100万本以上売り上げ、2017年12月までの販売数は200万本、2019年9月末には500万本を超えたと報道された。2018年10月19日にはmacOS版が発売。2019年4月18日にはNintendo Switch版が発売。併せて他機種でも日本語に対応する。2020年7月29日にはPlayStation 4版が発売し、売上が600万本と報道された。

概要

本作はカップ頭の兄弟である2人の少年・カップヘッドマグマンを主人公としており、プレイヤーはカップヘッドたちを操作しゲームを進む(1人プレイの時の主人公はカップヘッドで、2人プレイの時に1P側はカップヘッド、2P側はマグマンを使用することになる)。グラフィックスは1930年代のアニメーション映画をイメージしており、手描き・手塗りの作風、コミカルで激しく動くキャラクターたち、豊かでユーモラスなキャラクターの表情のほかに、黄ばんだフィルムにかかったホコリシミなどの模様、映写機から発した独特なノイズ音ジャスブルース風などのBGM挿入歌を使用するような工夫も施される。

ゲーム全体は「インクウェル島」I~III(Inkwell Isle)及び「インクウェルヘル」(Inkwell Hell)の4つのエリアに分けられ、ステージはマップ上の様々な場所に分布している。ステージはボス戦だけの「ボスステージ」、雑魚キャラとゴールドコインが多数存在する「ラン&ガンステージ」及び聖杯を狙うオバケを撃退して「必殺技」を獲得する「霊廟ステージ」の3種類が存在し、さらにボスステージの中には「地上ステージ」と「飛行機ステージ」の2種類がある。ステージクリアにより橋などの通路が出現しマップ上での移動範囲が広くなり、1エリア内の霊廟ステージ以外の全てのステージをクリアしないと次のエリアに進むことはできない。霊廟ステージ以外をクリアする時に「ゲーム時間」「残りHP」などのデータ及びランク評価が表示され、最終ボスのデビルとの対決の前提である「タマシイの契約書」をもらえる(難易度「シンプル」以外を選択した場合)。マップ上には様々なキャラクターがあり、彼らとの会話などによりヒントやゴールドコインなどを獲得することができる。また、各エリア内に「ポークリンド雑貨店」があり、そこでゴールドコインを使い、様々なアイテムを購入することができる。購入したアイテムを装備することにより、HPが増えたり、様々な形態の弾を発射することができる。弾を発射する以外に、ピンク色のものを踏み台ジャンプして打ち消す「パリィ」(Parry)というアクションがある。パリィを成功させると必殺技ゲージのカードが貯まり、それを使って様々な必殺技を発動することができる。

全体的にボスステージが約75%を占め、その中、許容ミス数が少ない上に敵からの攻撃が密集しているため、難易度が高いゲームと見なされる。ボスたちは体力の下落に伴い、第二・第三の形態へ次々と変身し、攻撃の仕方も変わる。大半のボスステージでは難易度について、1周目に各ステージに「シンプル」と「レギュラー」の2種類があり、2周目以降は「エキスパート」を選択することもできる。ただし「シンプル」を選択する場合はステージクリアしても「タマシイの契約書」をもらうことができない。プレイヤーは基本的にステージごとにHPを3持ち、残存量は左下と右下に表示される。ステージ内の回復や中間再開ポイントは一切なく、HPが尽きて死亡した場合はステージの最初からやり直しになる。リトライダイアログでは敵キャラの一言と各プレイヤーの進捗状況が表示される。なお、2人プレイの場合は片方だけが死亡しても継続となり、一定の時間内なら生存しているプレイヤーがパリィを行うとHP1の状態で復活させることもできる。同じステージで何度死んでも次のステージの体力値に影響することはない。

本作のキャッチコピーは「Don’t Deal with the Devil」(悪魔と取引するな)。エンディングにはデビルとの決戦があるハッピーエンドとデビルとの決戦がないバッドエンドの2種類があり、最終ステージ冒頭のプレイヤーの選択により分かれる。

本作のダウンロードコンテンツ「The Delicious Last Course」が2020年に配信予定。

ストーリー

Don’t Deal with the Devilむかしむかし、インクウェル島という魔法の島に、カップヘッドマグマンという2人の兄弟とケトルじいさんが暮らしていた。ある日、2人はケトルじいさんの忠告を破り、デビルのカジノに入ってしまう。そこで連勝し、気を良くしているとオーナーであるデビルが現れ、「もし自身との賭けに勝てたらこのカジノの金品は全てくれてやる。ただしお前たちが負けたらタマシイを頂く」と賭けを持ちかけられる。金に目が眩んだカップヘッドはサイコロを振ってしまい、賭けに負けてしまう。何か別の方法で支払いができないかと命乞いする2人にデビルは、「明日の夜12時までにカジノから逃げ出した債務者全員のタマシイを取り立てろ」と命じた。デビルにカジノから追い出された2人は大急ぎでケトルじいさんの元へと向かい、自分たちの命を賭けた大冒険へと旅立つ。The Delicious Last Courseインクウェル島とは別の島に訪れたカップヘッドとマグマンが、新たな仲間であるミス・チャリスと共にシェフ・ソルトベイカーに協力する。

開発

本作はカナダ人の兄弟、チャド・モルデンハウアーとジャレッド・モルデンハウアーによるゲームデベロッパー・スタジオMDHRの最初の作品であり、アニメーション効果を製作した時はジェイク・クラークも参加した。2010年ごろから、オークビル及びレジャイナにある兄弟それぞれの家で、Unity上で開発され始めた。本作はフライシャーウォルト・ディズニーのアニメ映画及びアブ・アイワークスグリム・ナットウィックウィラード・ボウスキーという3人のアニメーターの作品からインスパイアを得られた。[11]チャドはフライシャー・スタジオを「自分のアート・スタイルの磁北極」と評価し、特に同スタジオの「破壊的かつ超現実主義的な」要素を模倣したと思われる

モルデンハウアー兄弟は少年時代に、レジャイナの家でVHSなどで1930年代のカートゥーンを多く見たことがあった。2人はこれに着想を得、2000年に本作に似たようなゲームを開発しようとしたが、必要なツールがないため続けなかった。しかし、2010年にリリースされた『Super Meat Boy英語版)』の大成功を受け、2人は再び挑戦し始めた。カップヘッドの原型は1936年の日本のアニメ映画、『オモチャ箱シリーズ第3話 絵本一九三六年』に登場したの頭を持ち、戦車に変身した男に由来すると思われる。モルデンハウアー兄弟によると、彼らはこのキャラクターに奇妙な感じを覚え、「これだ」とこのアニメを熱心に研究した[16]。カップ頭の主役を決めた前に、2人はシルクハットをかぶるカッパ頭、の頭やフォーク頭などを含め、約150種類のキャラクターを作り出し、その中から選ぼうと言われる。

本作のアニメーション技法は1930年代のアニメ映画そのものに酷似しており、アニメーションのフレームレートも24fpsとされているが、ゲームプレイのフレームレートは60fpsである。兄弟のうち、チャドは過去にグラフィックデザイナーの仕事をしたことがあるので、彼は手作業でこのゲームのアニメーション水彩画風の背景を描き、そしてAdobe Photoshopで色付けをした[17]。一方、ジャレッドは主に作画以外の部分に取り組むが、チャドとゲームプレイのデザインについて議論することはよくある。また、兄弟はスタジオを立ち上げた後、ルーマニアからゲームクリエーターブルックリンからアニメーターをそれぞれ1人雇った。そして1930年代に開発されることをほうふつさせるために、地元のオンタリオの1人のジャズ・ミュージシャンの曲をアナログ方式録音した。

モルデンハウアー兄弟によると、本作はプロットよりもゲームプレイに重点を置かれたため、難しい「レトロゲーム」のコアを有している。『Kill Screen』は本作のクリエーターたちを「アニメーション・裏技当たり判定というシューティングゲームの基本原理に執着している」と評価した。開発プロセスにおいては、開発者たちは足場の端でのゲームプレイがどのように進めることや、プレイヤーがミスをした後の無敵時間の長さなど、多くのゲームプレイ要素に対して改訂を行なった。また、クリエーターたちはステージに3つの難易度設定を可能にし、さらに伝統的な「DID」なプロットを放棄し、カップヘッド自分自身が全てのトラブルを起こすようなストーリー展開にした。本作は将来、ボス戦の数を30以上にする計画があり、現在のギネス世界記録に記載される「1つのシューティングゲーム内にあるボス戦の数」である25を破ろうとしている。なお、限られた人数と資金でゲームの制作ビジュアルデザインを完成させるのはStudioMDHRの最大の課題であったため、モルデンハウアー兄弟は自分たちの家を抵当に入れ、融資を受けたこともあった。

引用:カップヘッドwiki

作品概要

「CUPHEAD」はカナダの

インディーゲームズスタジオで製作された、

横スクロールアクションシューティングゲームで、

2017年にwindowsとXbox one向けに発売され

その後mac版、switch版。PS4版も発売、

2020年のPS4版発売時点で

全世界600万本を売り上げる、

大ヒットゲームとなりました。

大ヒットの秘密のひとつ、懐かしき雰囲気・・・というよりむしろ斬新!

Cuphead
©Nintendo

本作の大きな魅力の一つとして、

1930年代のカートゥーンをイメージした

ゲーム全体のデザインがあります。

日本のアニメにはなかなか無い雰囲気の

ちょっと奇抜とも思えるキャラクターデザイン、

手書きセルアニメと水彩画で描かれた背景、

そして当時をイメージしたBGM。

懐古的なゲームデザインながら

今の時代にはかえって斬新に感じる、

実に奇妙なゲーム体験ができ、

まるで海外のアニメを自分が動かしているかのような

独特の雰囲気は、他のゲームでは味わえない、

不思議な味と楽しさがあります。

ゲーム部分も確かな面白さ! 何度もやりたくなる高難易度ゲームは良ゲー

Cuphead
©Nintendo

本作は2Dアクションシューティングゲームで、

基本的にやられないように右方向に進み

ステージの最後に待ち受けるボスを倒せばクリア

というステージクリア型のゲームです。

HPは開始時に3用意されますが、

ステージ中にHP回復手段はなく、

中間地点もなく、ミスすると、

ステージの始めからになったりと、

ゲーム全体を通して難易度は結構高く、

アクションゲームが苦手な人だと

普通にクリアすることも難しいかもしれません。

しかし、確かに難しいですが、

いわゆる「理不尽クソゲー」というものとは違い、

ステージもボスも、何度か挑戦し、

パターンが分かれば対処できる難易度で、

また、何度も挑戦したくなるのも

本作の軽快な操作性によるものだと思います。

キャラを思い通りに動かせて、

それでなおクリアできない、

というゲームは、悔しくても、また挑戦したくなる、

最高のゲームバランスですよね(*´ω`)

「難しいゲーム」にもいろいろ種類があって、

本作はそんな「いい方の高難易度ゲーム」ですね。

個人的には逆パターンの

ゲーム自体はそんな難しくないのに、

操作性がゴミなせいで難しいゲームは

「最低のゲーム」だと思ってます(*´ω`)

ゲーム 「CUPHEAD」まとめ +販売ページ

まとめると本作は

「カートゥーンイメージの名作高難易度アクションシューティングゲーム」です。

  • 海外アニメのような雰囲気、
  • 独特なキャラクター達のアクション
  • 何度も挑戦したくなる高難易度アクション

独特な雰囲気のあるゲームや、

手応えのあるアクションを求めている方は

是非一度、プレイしてみてください。


amazon  2,010円(税込)  
楽天市場取り扱い無し
  Yahoo!ショッピング  2,200円(税込)

豊富なラインナップ! 基本の立ち姿にSTGステージ時、ゲームオーバー時まで

そんな名作横スクロールアクション、

CUPHEAD」の

特徴的なプレイヤーキャラクター、

カップヘッドとマグナン兄弟が

カプセルトイで登場します。

気になるラインナップは

  • 「カップヘッド」
  • 「マグマン」
  • 「カップヘッド(ゲームオーバー)」
  • 「カップヘッド(シューティングVer.)」
  • 「マグマン(シューティングVer.)」

の全5種類です。

パッケージの見慣れた立ち姿に、

シューティングステージでの飛行機に乗った状態

さらには嫌というほど見た方も多いでしょう、

やられた時のふわふわ天に昇っていくあの姿まで、

ゲームをプレイしていれば印象深い

5種類の姿がラインナップされています。

その他にもカワ(・∀・)イイ!!グッズをいくつか紹介

カップヘッドはキャラ人気も高く、グッズも沢山発売されています。

ホント可愛いです。カップヘッドだけにマグカップは本当にうれしいグッズですね。

価格も2000円前後なので興味のある方は是非チェックしてみて下さい。

まとめ 名作アクションの主人公たちを是非コレクションに!

ここまで読んでいただき、

ありがとうございます。

今回は「CUPHEAD」のカプセルトイと、

原作のゲーム版を紹介させていただきました。

ゲームやアニメキャラクターのフィギュアは

やっぱり原作での活躍を知っているからこそ

欲しくなるものだと思っています。

なので、今回の記事で少しでも興味を持っていただけたら

是非、ゲームの方をプレイしてみてください。

クリアした後、自然とフィギュアの方の魅力も

何倍にもなっていると思います(*´ω`)

今回は以上になります。

ここまで読んでいただき、

本当にありがとうございます<(_ _)>

コメント

  1. […] 【スイッチで出来るおすすめソフト紹介】 2020.12.172021.01.13 【高難易度の良作アクションゲーム】CUPHEADカップヘッド&マグマン … […]

タイトルとURLをコピーしました