ホロライブENの森カリオペさんが1週間ほどの活動休止。 その理由とは…

ホロライブ
この記事は約4分で読めます。

ホロENの森カリオペさんが活動休止(復帰済み)

ホロライブEN1期生として活躍する森カリオペさんが1月18日の配信を最後に配信活動を休止していました。(1月26日現在は復帰済み)

理由はいわゆる「炎上」でしたが、簡単に今回の騒動をまとめていただいている動画がありましたので紹介したいと思います。

動画の内容について簡単に紹介

動画ではカリオペさんの今回の騒動に関して、ネット上で囁かれている情報と、その表現の誇張・意図と異なる点について分かりやすく解説されています。

簡単に内容をまとめると

  • よく絡んでいたコメディアンがホロライブに否定的な発言をした
  • それを知った一部リスナーがカリオペさんに”彼と絡まないで欲しい”と赤スパを投げる
  • それに対し「彼からはすでにメンバーが謝罪を受けている」と返答
  • しかしその後同期のキアラさんが「Trash Taste(彼の番組名)からの連絡はもらっていない」と発言
  • カリオペさんの「メンバーが謝罪を受けた」との発言は嘘だったのでは?と言われ始める
  • その後の攻撃的なコメントに対し「嫌な内容のスパチャはもう読まない」と対決姿勢
  • しばらくしてツイッター上で休止を宣言

といった感じです。

ただしこれはあくまで「ネット上で炎上の原因となったうわべの情報」であり、動画の後半ではこれらの情報が発言側の意図とは微妙に違ったものであることが提示されます。

例えば最初の「ホロライブに否定的な発言」は「例えばウソの履歴書でホロライブに入ったとしても本人の資質に関係なく大金を稼ぐことができる」という発言が「ホロライブのメンバーには才能が無く箱の権威だけで売れているだけ」というものに変換されていたり(元の発言も褒められたものではないですが)、キアラさんの「Trash Tasteからの連絡をもらっていない」発言も自身の配信でコラボ相手の話題になった時に「 Trash Taste とコラボはしないの?」というコメントに対して「 Trash Tasteからの連絡は無い」と返しただけで文脈的にカリオペさんの謝罪の件とは一切関係ない話である、といった具合に明らかに悪意のある歪曲が行われたようです。

カリオペさんは1月26日の「テラリア」配信にて無事配信復帰しており、待機時間には怒涛の勢いで復帰を祝うスパチャが飛び交っていました。 そうして復帰を待ち望んでいたファンや普段の配信を楽しんで見ているファンのためにも今回のような飛び火のような炎上騒ぎは二度と起こらないことを願うばかりです。

森カリオペさんについて

©cover

グリム・リーパーの第一弟子。医療が発達している現代においては、死神として活躍する場面がなく、その代わりにVTuber活動で他人のソウルを収穫するつもりらしい。尊死している人のソウルも彼女の元へ行く模様。

結局のところ、発言内容や声のイメージと違って、彼女は実は面倒見がよく、優しい心の持ち主である。

森カリオペさんはホロライブの英語圏向け団体・ENの1期生としてデビュー。 2022年2月現在、チャンネル登録者は190万人を超えています。

ゲーム配信や歌配信を中心に活動し、一見クールなキャラクターや所々見せる可愛すぎる一面、日本勢とは一味違ったノリの良さを併せ持ち、「ホロ運動会」などのコラボ配信などにも参加したり、日本語での雑談配信などをする機会も多いため日本にも多くのファンを持ちます。

直近でもお正月のホロお正月マリカーカップのざこ杯でハイテンションで暴れまわる姿が面白く、MCのトワ様とAちゃんを笑わせていました。

個性的なEN勢の中でも非常に魅力的なライバーさんなので、皆様も是非チェックしてみてください。

ホロライブ

この記事を書いた人

タニシ翔

アニメ・ゲーム・プラモ・アクアリウム等のインドア趣味好きおじさん。
最近はウマ娘やプリコネ、カイロソフト作品を主にプレイ。
推しはライスシャワー・ナイスネイチャ。

家庭機は3D酔いしやすいので主にSwitch信者ですがPS4もたまにプレイ。ダンガンロンパ・龍が如くシリーズ好き。

プラモは主にアニメの影響でガンプラや戦車を主に作る。
ただし塗装やライン消しすらこだわらない超ライトユーザー。

アクアリウムの魅力に最近ハマり色々模索中。タニシ可愛い

タニシ翔をフォローする
タニシ翔をフォローする
Shou Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました