a

【ヘブバン感想2章#1】2章スタート!東条つかさの記憶の謎に迫り、新たな仲間(?)「31B」と出会う話

ゲーム
この記事は約8分で読めます。

【ヘブバンTOPページ】

今回はゲーム「ヘブンバーンズレッド」2章のストーリー最序盤のお話感想記事です。 お話の根幹にかかわるような大したネタバレはありませんが一応ご注意ください。

1章ラスト分はこちら。

【2章の続きはこちら】

2章がスタート。 早速「東条つかさ」の記憶の問題に切り込む

第2章の扉イラスト。 後で出てくる31B隊長とライブ演奏しています。 早くこのシーンを実際に見たいですね。

前回巨大キャンサー「デススラッグ」を撃破し、新宿の人々を守ることに成功、Aチームの座も守り抜いた31Aメンバーたち。 大きな問題も片付いたところで保留になっていた”諜報員”・東条つかさの記憶が曖昧になっている問題について議論を交わすことになります。

つかさっちは1章の時点でも「ここまで来た経緯」や「母が無くなった理由」といった明らかに重要そうなポイントとなる記憶が曖昧になっている、といった話をしており、その疑念を晴らすことを戦う大きな理由としていました。

また、セラフを召喚するためのセリフであり、”本人が最も高揚する言葉”であるはずの「セラフィムコード」についても「何故その言葉で自分が高揚するのかが分からない」とも言っていました。

 ちなみにつかさっちのコードは「真実は一つとは限らない」です。 確かにちょっと変ですね。「いつもひとつ!」ならわからないことは無いですが(´-ω-`)

それについてユッキーは独自の見解を提示。 それは「セラフ部隊を統括する軍は意図して記憶に介入でき、つかさの記憶の一部を消去したのではないか」というものでした。

確かに31Aのメンバーの中でも東条つかさは母親がセラフの研究所長だった、という事で重要な機密に触れる機会があった可能性もありますよね。 そして”母親が亡くなった事故”が軍にとって都合の悪い、例えば”セラフの暴走や決定的な不都合”みたいなものであればそこに関わるつかさの記憶を消去したのも頷けるかな、と思います。

まぁその場合は記憶というよりも物理的に消されるような気がしますしあまりに的外れな予想だったらハズいのでこれくらいにしておきましょう(;’∀’) ただ、そのあとユッキーも「セラフの謎」を追っていたから記憶を消されたのではないか、という例え話をしていましたのであながち間違いじゃないかも?

そして「セラフ」には大きな秘密が隠されているのではないか?という疑念は大きくなり、我らが茅森も「軍こえーよ。キャンサー側につこうぜ」なんて言い出す始末。 ・・・まぁウチの茅森は割と事あるごとにキャンサー側につこうとしてたので珍しくはないんですが。

そしてつかさ自身も仲間と情報を整理するうち「お母さんの事故死を疑って調査しているうち、知ってはいけない秘密を知ってしまい記憶を消されたのかもしれない」と徐々に疑念を確信に変えていきます。 そしてその方向で調査を行い、母親の事故の謎を暴いて見せる!というところで話を終わり、皆でお風呂に行くことにするのでした。 ちなみにお風呂に入るイベントはありません(´・ω・`)

それとストーリーとは関係ないんですがユッキーがつかさっちの記憶が消された原因についての見解を述べた後、ユッキーを褒めるような選択肢があるんですがここで一番上の「流石ユッキー」を選ぶと「流石隠れ巨乳!」「見せあいっこしたもんな」と続けられ照れるユッキーが見られるので是非一度選んでみましょう。 流石からかい上手の茅森さんや・・・

Day2 新作戦「オペレーション・プレアデス」始動! 今度は箱根を救いに行くぞ

翌日。 久々の休みという事でいつもより気持ちゆったりな31Aメンバーたち。

いつものように小ボケをかまし、何となーくいつもの日常が戻ってきた感じがしましたが、突然司令部より招集が掛かります。

到着した司令部で開口一番聞かされたのは「新たな作戦行動発令」の知らせ。 今から22日後に発動する、作戦名「オペレーション・プレアデス」は神奈川県南西のキャンサーを排除し箱根入り口までを人類側に奪還する一大反攻作戦とのこと。 31Aは作戦に参加する7部隊のうち「切り込み隊」として先行するという大任を担うことになりました。

31Aがキャンサーの排除に成功した後、別部隊が資材を搬入し橋頭保を設営、その後は周囲のキャンサーを掃討することで作戦終了、ということなので作戦の成否はほぼ31Aにかかっていると言っても過言ではないですね。

作戦内容を説明されたところで話は終了、後は作戦決行まで訓練に励むよう言い渡されます。

ちなみに説明終了時の質問はある?という問いの選択肢で「全く頭に入ってきません」を選ぶと同じ説明をまるっきりもう一度されるので注意しましょう(´▽`*) また一番下の「東条の記憶に関する質問」をするとユッキーに「それを隠してる側にドストレートに聞いてどうすんだよ!?」と怒られるのでこれまた注意しましょう。 

突如基地内に虎が!? 「31B」隊長・蒼井との出会い

作戦を任され今後についてカフェで色々話し合う31Aのメンバーたち。 そんな中で茅森は同作戦に参加する「31B」とも話がしたい、と言い出します。 何か有益な情報が聞けないか?といたって真面目に提案したことで他のメンバーに驚かれたりもしましたがともかく31Bの隊長を電子軍事手帳で調べ、会いに行くためカフェを後にします。

と、その時目の前を何か大きな影が通り過ぎます。 そしてそのすぐ後を追うように31Aのかれりんがやってきて「今、虎画が目の前を通り過ぎていった」と言ってきました。

・・・え、虎(;’∀’)?

確かに一瞬でしたが虎に見えたような気もしますね・・・ ともかくその正体を確かめようと彼りんと一緒にその陰の後を追います。 途中でおタマさんやユッキーも合流し虎が入っていったというジムへと足を踏み入れます。

そこにいたのは一頭の大きな白い虎。 とりあえず人を襲うような気配はなく、隊長・茅森が自ら近づき、名前を尋ねたりします。 もちろん虎自身がそれに答えることはありませんが・・・

その時突然謎の美少女が現れ「その子はビャッコです。」と名を教えてくれます。 その後ビャッコの説明が出るんですが「セラフに唯一適合できた動物」とのこと。 31Bメンバーだったんかお前(;’∀’)

そして彼女の方は「蒼井えりか」。茅森たちが会おうとしていた31Bの隊長でした。 向こう側も31Aのことは本作戦の切り込み隊として認知していたようで「明日から訓練一緒ですね、頑張りましょう!」と非常に好意的な受け答えをしてくれます。 ・・・え、可愛くていい子とか最強過ぎない?

そんな彼女に対しウチのめぐみんは「足引っ張んなよ」と失礼な物言い。 むしろめぐみん外して蒼井さん入れたいくらいなんですが(´・ω・`) ここは選択肢で2人のどちらかに加勢できるので蒼井さんについてめぐみんをディスっておきましょう。

めぐみんには「お前もテストの点数変わらんやろ!」とツッコまれますが軽く聞き流して、ポカーンとしている蒼井さんに色々話を聞きます。

聞きたいことは「蒼井さんの才能について」「軍の不審な点について」そして茅森がちょくちょく話題に出す「刀削麺について」の3つ。 ちなみに刀削麺以外の2つを聞くと話が進むので刀削麺トークを聞きたい場合は最初に選んでおきましょう。

まず蒼井さんの才能については特筆できる才能はないものの、軍に入ってから行われてきたテストで100点以外を取ったことが無いというガチの天才型とのこと。

そして肝心の軍の不審な点については現時点で気になるようなところは無いという事でした。 まぁ、31Aもつかさの記憶喪失を根拠に疑い始めた程度なので何もなければ疑うようなことは無いよね・・・ ちなみに蒼井さん本人の記憶は問題ないとのことでした。

蒼井さんは軍やセラフの謎について特に思うところは無いようでした

新たな情報、という点ではちょっと収穫は乏しかったものの31Cの時とは違って真面目で好意的に接してくれる隊長と接触でき、ビャッコとも仲良くなれました。 31Bとの共同訓練にも前向きな気持ちで臨むことができそうです。

といった感じで今回はここでターンエンドです。

内容的には特に大きな動きはありませんでしたが新たな作戦「オペレーション・プレアデス」の発令、 新しい仲間「31B」との出会い、と2章の内容に大きく関わってきそうなポイントに触れてきました。 今後31Bの他のメンバーも出てくるでしょうし、いよいよ始まるキャンサーへの反攻作戦、何にも起こらないハズがありませんからね、今からどんな展開が待っているのか、不安半分期待半分で非常に楽しみです。

あとつかさッちの記憶に関する謎も2章で明らかになる・・・のかな? 話の根幹にかかわりそうなところなのでひょっとすると後半まで引っ張るかもしれませんがこの辺りも気になるところですね。

ではまた次回お会いしましょう。 ここまでお付き合いいただきありがとうございました(/・ω・)/

【次回】Day4 残りの31Bメンバーと顔合わせ。 でも一悶着アリ

今回の続き感想を投稿しました。

Day4では31Bとの本格的な共同訓練が始まり蒼井さんとビャッコ以外のメンバーとも顔を合わせることになります。 が、そのメンバーにちょっと問題があり、茅森さんとも衝突。 なんと決闘にまで発展してしまいます・・・

是非そちらの方も見てみてください。 では(/・ω・)/

【ヘブバン公式サイトはこちら】

ゲームスマホゲームヘブンバーンズレッド

この記事を書いた人

タニシ翔

アニメ・ゲーム・プラモ・アクアリウム等のインドア趣味好きおじさん。
最近はウマ娘やプリコネ、カイロソフト作品を主にプレイ。
推しはライスシャワー・ナイスネイチャ。

家庭機は3D酔いしやすいので主にSwitch信者ですがPS4もたまにプレイ。ダンガンロンパ・龍が如くシリーズ好き。

プラモは主にアニメの影響でガンプラや戦車を主に作る。
ただし塗装やライン消しすらこだわらない超ライトユーザー。

アクアリウムの魅力に最近ハマり色々模索中。タニシ可愛い

タニシ翔をフォローする
タニシ翔をフォローする
Shou Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました