a

【switch】「トライアングルストラテジー」遂に発売!”信念”で分岐する重厚な物語

ゲーム
この記事は約11分で読めます。
トライアングルストラテジー
軍を操り戦争を生き抜く戦略シミュレーションです。

「ブレイブリー」シリーズ、『オクトパストラベラー』の開発陣による新作タクティクスRPGがNintendo Switchで発売。HD-2Dの美麗グラフィックで描かれる英雄譚。

スイッチストアページより

皆さんこんにちは、名も無きスイッチユーザーです。

突然ですが皆さんは戦略シミュレーションはお好きですか? スイッチで出ている主なタイトルを挙げると「ファイアーエムブレム風化雪月」や「ディスガイア5」「スパロボシリーズ」などがありますよね。

戦局を見極め特性の違うキャラ達を操り、お気に入りのキャラを育成し、装備を工夫し、戦場を駆け抜けていく。 個人的にも大好きなジャンルです(´▽`*)

そんな戦略シミュレーションですが、この度スイッチでメチャ硬派で面白いタイトルが発売されました。 そのタイトルとは・・・

「トライアングルストラテジー」

最近スクエニの社長さんが押し出している立体的に見えるドット調特殊グラフィック「HD-2D」を駆使した3D見下ろし型の戦略シミュレーションで発売前から大きく注目されていたタイトルでした。

だって見るからに面白そうでしょ(*´ω`*) PVを見てみてくださいよ

戦略シミュレーションとしての面白さ

本作最大の売りはなんといっても作りこまれた戦略シミュレーションとしての完成度の高さ。

本作ではキャラ自身の強さの他にも「向き」や「地形」「現在位置の高さ」など様々なタクティカル要素があり、常にそういった情報に気を配る必要があります。 特に「向き」は重要で、本作は背後から攻撃されるとクリティカルとなり大ダメージを受けてしまいます。 更に敵2体に挟まれて攻撃されると通常よりも多くの手数の攻撃を受けてしまったりします。

これによりシミュゲーでありがちな「強いキャラでの単騎突撃」が通用せず、より味方の連携や陣形を意識した戦い方を意識する必要が出てくるんです。 FEやスパロボみたいな感覚で特攻させるとタコ殴りにされるので注意しましょう(´・ω・`)

また、マップによっては雨や雪など、行軍に影響する天候要素などもあり、より一層ゲームとしての奥深さを味わうことができます。

そういった多種多様なマップを、様々な特性を持ったキャラ達を駆使していかに攻略していくかを考える戦略シミュとしての楽しさはピカイチに感じられました。 キャラ性能の他にも「罠」や地形も利用した「魔法攻撃」なんてのもあるのでプレイヤーの工夫次第で様々な攻略法が取れるのもグッドです。

主人公の”信念”と”投票”によって分岐する物語

本作では中世イメージの世界観で大陸を三分する3つの大国を舞台にした重厚な物語が展開されます。

物語序盤では貴重品である「塩」をめぐり3国共同で採掘を行う、という旨の話し合いが行われます。 ・・・が、皆さんお察しの通り「みんな仲良く塩を分けようね♪」なんてハッピーな展開になるハズも無く各国の利権をかけた黒い思惑や王族・宰相同士の牽制などが見え隠れし、とても一筋縄ではいかなそうな雰囲気がぷんぷんします。 私もまだ始めて間もないので話の全貌はまだ見えていないのですが、早く話の先が知りたくて睡眠時間を削ってプレイしています(*´ω`*)

また、非常に大きな特徴として本作には「ストーリー分岐要素」があります。

・・・え、そんなの普通だろ? はい、確かに分岐自体は割とよくあるシステムですよね。 しかし本作の分岐はなんと味方キャラの投票によって決定されるんです。

例えば「2つの国のうちどちらの国に向かうか」という分岐では味方キャラがそれぞれの思惑でどちらかに投票し、多数派になった方の国へ行くことになります。 つまりプレイヤーが「こっち行きたいからこっち!」という感じで単純な選択肢で選べるわけではない、ということですね。

一応この投票前に各キャラと話をして意見を変えるように促すこともできます。 この時キャラの性格が影響することもあって頑として意見を変えない奴やちょっとの会話でコロッと変えてくる奴もいます。 この時、道中の行動や選択肢で積み重ねた主人公の”信念”が強い程説得がやりやすくなります。 やはり信念の強い人の言葉は重さが違う訳ですね。

そんなわけで本作の分岐要素では自分の行きたい方が多数派を占められるように説得する必要があり、普通の分岐とは一味違った楽しさを感じられる、本作の大きな特徴と言えますね。

おわりに 手強いシミュレーション好きなら買って損なし!

という訳で「トライアングルストラテジー」の簡単な特徴とちょっと触れてみての所感を軽く書かせていただきました。

まだ、全然序盤ではありますがGBA時代のFEのような育成要素やFFタクティクスのような戦闘、HD-2Dの迫力あるグラフィック、行動順や向き、地形など作り込まれた戦略システム、難しいながらもやり応え抜群な絶妙難易度などなど挙げればキリがない程の圧倒的魅力で「戦略シミュ好きなら買って損なし!」と言い切れる素晴らしい作品であると感じています。

ちなみに難易度は「ノーマル」の他にも「イージー」「ベリーイージー」も用意されているので自信の無い人でも安心。 逆に「ハード」もあるのでより高い手ごたえを求める人にもオススメできます。 個人的には「ノーマル」でもやや難し目な感じです。 ただしFEみたいな”死んでキャラロスト”みたいなことは無いのでキャラがやられることに関してはそこまで神経質にならなくていいです。

またストーリー部分、読み物としても力が入っていて、戦闘パートばかりでなくストーリーパートも随所に挟まれます。 個人的にはこういった物語の理解度を深めるストーリーパートは好きなので問題ないのですが「ストーリーなどはガンガンスキップしてゲーム部分だけ楽しみたい」という方だとテンポ悪く感じてしまうかもしれません。 まぁスキップもできるのでそこまで気にならないとは思いますし、初見で飛ばす人はあんまりいないとは思いますが・・・

とにかく丁寧に作られた、戦闘も物語も面白いスイッチの戦略シミュ界に颯爽と現れた期待の超新星。 是非一度プレイしてみてください。

【公式サイトはこちら】

【通常版】

【Amazon特典付き】

ゲームニンテンドースイッチ単品ゲーム紹介

この記事を書いた人

タニシ翔

アニメ・ゲーム・プラモ・アクアリウム等のインドア趣味好きおじさん。
最近はウマ娘やプリコネ、カイロソフト作品を主にプレイ。
推しはライスシャワー・ナイスネイチャ。

家庭機は3D酔いしやすいので主にSwitch信者ですがPS4もたまにプレイ。ダンガンロンパ・龍が如くシリーズ好き。

プラモは主にアニメの影響でガンプラや戦車を主に作る。
ただし塗装やライン消しすらこだわらない超ライトユーザー。

アクアリウムの魅力に最近ハマり色々模索中。タニシ可愛い

タニシ翔をフォローする
タニシ翔をフォローする
Shou Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました