a

『アストロニーア』攻略のために覚えておきたいポイント5選

ゲーム
この記事は約7分で読めます。

はじめに

皆さんこんにちは、名も無きアストロノーツです

今回はゲーム「アストロニーア」を始めたばかりの方のための「攻略のために心がけておきたいポイント」を5つ紹介したいと思います。

攻略法、というよりちょっとした心構えみたいなものですがこれらのポイントを意識しておけばゲームの進行がよりスムーズになると思いますので是非確認してみてください。

よく使う資源は優先的に確保する

重要物資のひとつ「コンバウンド」 見つけたら優先的に確保したいです。

まず本作で一番大事な要素である「資源回収」についてですが「よく使う資源は優先的に確保する」ことを意識しておきましょう。

各種資源や精製資源の元鉱石などについては以下のサイト様を参照してみてください。

地上で手に入る資源について

具体的にあげるとあらゆる設備の制作に使用でき、いくらあっても困ることのない「樹脂」「コンバウンド」辺りは優先して入手しておきたいです。

これらは「各種プリンター」や「溶鉱炉」「研究台」などの必需品の作成にも使えますし、物資を保管するのに役立つコンテナ類など、たくさん作る必要のあるアイテムを作るのに必要になり、その分数が必要になるので見かけたら片っ端から確保しておきましょう。

オーガニックは後半使うようにはなりますがどこでも手に入れられるので意識して確保する必要はあまり無い気はします。 それと粘土は使う機会が限られるので優先度は低め。

ただし、これらは後に作れるようになる「土砂遠心分離機」で土砂からたくさん作れるようになるので、躍起になって集めまくる必要はありません。 序盤に見かけたら確保しておく、程度に考えておきましょう。あっても困りませんけどね(´・ω・`)

土砂遠心分離機ができれば大量に生産できるようになります。

序盤は「樹脂」「コンバウンド」の2つは優先して確保しよう

地下で手に入る資源について

一方地下の洞窟内で入手できる地下資源についてですが、特に重要なのが乗り物や「土砂遠心分離機」の作成に使う「アルミニウム」を精製できる「ラテライト鉱石」。 ある程度の数確保できればゲーム序盤が非常にスムーズになります。

次いで「チタン」の原料となる「チタン石」、「タングステン」の原料となる「鉄マンガン重石」などは後々大型の乗り物”ローパー”作りや、資源を貯めておくためのコンテナ作りなど、惑星探索が後半に差し掛かる頃に大いに役立ちます。 

が、これらは手に入れることができるのがシャトルを作って別の惑星に行けるようになった後なのでゲーム序盤は気にしなくてもいいです。 

他には銅や鉄、亜鉛の原料となる鉱石もありますが、これらは結構用途が限定的なので上の3種に比べると優先度はちょっと下がります。 ただある程度は必要にはなりますので見かけたら持って帰る、くらいに考えておきましょう。

ゲーム序盤、地下資源はアルミの原料「ラテライト鉱石」を最優先に確保しよう

より優先度の高い設備から作る

地下資源などの精製に役立つ「溶鉱炉」 早めに作ってガンガン稼働させていきたい設備です。

次のポイントは集めてきた資源を使って「より優先度の高い、便利な設備から作る」という事です。

例えば「土砂分離機」や「溶鉱炉」「研究台」等を早めにクラフトしておけば探検に出かけている間に稼働させて精製資源を作成したり、研究ポイントを稼いだりできます。 序盤からこれがしっかりできていればポイントや資源を効率よく入手できます。

よく使う、優先度高めの設備は以下のものを作っていけばいいと思います。

逆にあまり優先度の高くない設備についても触れています。 役立つ機会が限定的すぎたりしてリソースの無駄になりますのでこれらの設備はよほど資源が余っていない限り作るのはやめておきましょう。

とりあえず「土砂遠心分離機」「溶鉱炉」「研究台」の作成を目指そう

むやみやたらに乗り物で動きまわらない

便利なバギー。 ビュンビュン飛ばしたい気持ちはよく分かりますが・・・

3つ目に言いたいことは「あまり乗り物で飛ばし過ぎず、むやみやたらに走り回らない」ということです。

本作ではアルミニウムを入手できるようになると、「バギー」などの車を作り、フィールドを乗り物で移動できるようになります。 徒歩での遅い移動から解放され、広大な惑星を車でどこまでも探索したくなりますが、実は本作の乗り物移動はちょっとした注意点が存在します

それは本作のフィールドはでこぼこや落とし穴がそこかしこに存在し、乗り物がすぐスタックや転落する、ということです。

凸凹はともかく、穴に落っこちた場合の救済措置などはほとんどなく、地上への復帰は困難。 そのまま見捨てるしかない、なんてことの頻発します。 せっかく作った乗り物ですからロストは極力避けたいですよね。

なので乗り物で移動する場合は「スピードを抑えてカメラを引き気味かつやや上からの視点にし、前方に極力注意しながら進む」という事を心がけましょう。 

また、拠点間を移動する場合や地下への坑道を進む場合は「ルートを平地モードで整地してから進む」というのを心がけておくと移動が非常に楽になります。 ちょっと面倒ですが何度も行き来する場合は整地しておいた方が安全な場合も多々あるので危険な穴を塞いだり凸凹を均したりといった作業をしっかりこなしておきましょう。

乗り物移動は安全運転でカメラ引き気味・上から目線がオススメ。

よく使う道は整地しておこう

おまけ映像 飛ばし過ぎるとこうなる

むやみやたらに掘らない

4つ目のポイントは特に地価探索をする際、「むやみやたらに掘りまくらない」ことです。

マイクラをやってる方ならわかると思いますが本作の地下には結構広大な洞窟が広がっていることがよくあり、掘っているとそこにぶち当たることがあります。

なので自分の真下近くを掘る「直下掘り」的なことをしているとそういった時にそのまま落下し落下死することもあります。 結構な距離落っこちて死んでしまうとどこで死んだのかも分かりづらく、装備品の回収も一苦労なので極力避けたいんですよね。

それに洞窟内でそこかしこ穴だらけになってしまうと探索の際に歩きづらくなり、探索が捗らなくなります。 足場が穴ぼこだらけになるのを避けるため、資源を取ったら平地モードで穴を埋める、くらいのことはしておきましょう。

基地は整地してから作ろう

最後に言いたいのが「基地は整地してから作る」ということです。

ゲーム開始時、右も左も分からないころは初期位置に何となーく設備を整然と置いていくことになると思いますがこれだと結構路面が凹凸していて設備が変に傾きやすかったり、移動の際微妙に引っかかったり、後々拡張する際に面倒になったりします。

なので2か所目以降や他の星に拠点を作る際は「まず整地して、ある程度の広さの平らな土地を作ってから」作るようにしましょう。

整地しておけば設備も置きやすく、乗り物も簡単に乗り入れることが出来非常に快適になります。 見た目もきれいですしね

おわりに

という事で今回は「アストロニーア」特に序盤で気にするべきポイント5つを書いていきました。

この辺りの事を頭においてプレイしていけば確実に無駄な死亡を減らし、基地や坑道での移動や活動をスムーズにし、より快適なプレイに近づけるはずなので是非とも意識してプレイしてみてください。

今回は以上です。 ありがとうございました。

ゲーム

この記事を書いた人

タニシ翔

アニメ・ゲーム・プラモ・アクアリウム等のインドア趣味好きおじさん。
最近はウマ娘やプリコネ、カイロソフト作品を主にプレイ。
推しはライスシャワー・ナイスネイチャ。

家庭機は3D酔いしやすいので主にSwitch信者ですがPS4もたまにプレイ。ダンガンロンパ・龍が如くシリーズ好き。

プラモは主にアニメの影響でガンプラや戦車を主に作る。
ただし塗装やライン消しすらこだわらない超ライトユーザー。

アクアリウムの魅力に最近ハマり色々模索中。タニシ可愛い

タニシ翔をフォローする
タニシ翔をフォローする
Shou Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました