a

【85点】極上の戦略ゲー「トライアングルストラテジー」ざっくり短評レビュー

ニンテンドースイッチ
この記事は約9分で読めます。

今回はスイッチ向けに発売された戦略シミュレーションゲーム「トライアングルストラテジー」について超ざっくりレビューしていきたいと思います。

プレイするか迷っている方は是非チェックしてみてください。

ゲーム内容

高低差の概念がある戦略シミュレーション。 名作SLG「タクティクスオウガ」や「FFタクティクス」に近い

剣と魔法の戦略シミュレーション

「トライアングルストラテジー」は一言で言うと”剣と魔法な世界観の戦略シミュレーションゲーム”

貴重品である塩や鉄、政治や宗教上の理由で対立する2つの国が存在するノゼリア大陸を舞台に様々な思惑や陰謀が渦巻く濃密な物語が展開されます。 

難易度はやや高めで「ごり押し」は通用しない

本作の難易度はやや高く、ファイアーエムブレムやスパロボでよくやる”1キャラを超強化してごり押し攻略”という戦法がほぼ不可能となっています。

その主な理由が「背後から攻撃されると確定クリティカル」「敵に挟まれると連携で追加攻撃される」といった”単独突撃を難しくする仕様”の数々。 適当にツッコめばどんな強キャラでも袋叩きにされてすぐ落ちます。 そのため味方全体の連携や布陣が他の戦略ゲーよりもかなり重要になってきます。

過度なレベリングも難しくなっており、フリーマップをかなり周回しても適正レベルまで上げるのがやっと、という感じ。

ごり押し・小細工の通用しない硬派なゲームを求めている方はきっと気に入るでしょう。

公式PV

ゲーム評価

ということでここからは「トライアングルストラテジー」の各種要素の評価を書いて言いたいと思います。

ゲーム性

4.5

戦略シミュとしての完成度は非常に高い 

まず戦略シミュレーションとしての完成度ですが流石スクエニ、というべきな非常に高い完成度となっています。

高低差のある3Dマップで戦う訳ですがより高所に陣取ると弓攻撃の射程が伸びたり、等のメリットがあったり遮蔽物に身を隠し敵の矢による攻撃から身を守ったりと高さやオブジェクトを駆使した様々な立ち回りを行うことが出来ます。

さらにマップによっては「長距離を一気に移動できる移動手段」や「燃焼させ、敵を火攻め可能な地形」とか「水が張られ、雷魔法で敵軍を一気に叩ける」といった特殊な攻略法も用意されており、ただキャラで戦うだけではない攻略も可能。

キャラの成長要素もレベルの他に装備の強化(装備の変更は無し)、スキルツリー的な解放要素、クラスチェンジなど色々用意されており、そのバランスも秀逸。

先述したように難易度はやや高いですがキャラを適切に強化し、頭をひねって最適な立ち回りを行い、アイテム物資を湯水のように使ってもぎ取る勝利は格別の達成感でした。

ストーリー

4.0

塩と鉄の利権をめぐり争ってきた三国が舞台の英雄譚

・・・というのが本作のメインとなる物語となります。

大陸を三分する大国のうちのひとつに仕える若き領主・エレノアが祖国を侵略され各戦地を転戦、様々な問題を解決し、少しずつ戦力を増強しながら祖国の奪還やその先にある大きな目的を果たすため戦い続けます。

本作はストーリー描写の方にも大分力が入っており、本筋であるメインストーリーの他にも一方そのころ・・・といった感じのサブストーリーや各キャラの掘り下げを行う挿話的な話も用意され、そのすべてを読み進めることでより深くストーリーに入り込めるような工夫がなされています。

プレイヤーの選択でルートやEDが大きく分岐

ストーリー面での本作の大きな特徴として「ストーリーの要所で”信念の天秤イベント”というルート分岐イベントが存在し、各キャラの投票によって進むルートが決まる」というシステムがあります。

少ない戦力のなか頼る国を決める、引き渡し要求のあった王家の人間を引き渡すか否か、など物語の大きな転換点となる大きな選択を迫られて時、メインキャラたちの投票による多数決でどのような選択を取るかを決めることになり、ここで決まった選択は例え主人公であっても捻じ曲げることはできません。 単なる選択肢による分岐ではないのが面白いところですね。

とはいえ投票前に各キャラの説得を主人公が行うことが出来、ある程度思い通りにルート分岐を行うことはできます。 が、中には「非人道的な作戦を取りたい」というような議題もあり、その場合はほとんどのキャラが強く反対したりすることもあるためルートによっては選ぶことが難しい場合もあります。

そしてEDは大きく分けて3つ+シンエンドといった感じで用意されており、シンエンド以外は一部の問題は未解決のまま終わり、後味の良くない終わりとなっています。 シンエンドではその辺りはしっかり消化されていますので頑張って目指していきましょう。

ボリューム

4.5

1周クリアに3,40時間ほどのボリュームで個人的には丁度良し

ゲームボリュームですがある程度のレベリングも含め1周するのに大体40時間くらいでした。 自分は途中詰まってレベル上げとかしていたので上手い人がやればもう少し短い時間で行けると思います。

個人的にはあんまり長すぎてもストーリーが間延びしてダレるのでこのくらいの長さが長すぎず短すぎずで満足でした。

クリア後の周回要素、やり込み要素も充実

また、クリア後にはレベルや物資を引き継いで2周目を行うことが出来、1周目では選ば仲多ルートやEDを目指すこともできます。 ただしその場合自軍のみならず「敵も強くてニューゲーム」になるので”2周目だからよゆーで無双できるっしょ”といった軽い考えでいると痛い目見ます。

2周目、3周目と他ルート・ED回収、隠しステージ、可能な限りの自軍の強化などやり込んでいけば100時間越えても全然遊べると思いますのでそう考えればかなりの大ボリュームと言えると思います。

総合評価

4.5

高い戦略性を病みつきになるスイッチ向けストラテジーゲームの最高峰

ということで「トライアングルストラテジー」の評価まとめですが、個人的には100点中85点、スイッチでプレイできる戦略ストラテジー系ゲームの中でも最高峰に属するレベルの名作だと思います。

単騎特攻やごり押しが通用せず、味方同士の連携や布陣を工夫して少しずつ相手を切り取って各個撃破を狙っていく、そんな硬派な戦い方が必要になり、高難易度な戦略ゲーが遊びたい方にはもってこいのゲームとなっています。

3つの大国の勢力争いに揺れる小国の領主・エレノアの壮絶な戦いを描いたストーリーも素晴らしかったです。 進むルートを自分で選択できるシステムも良く、自国の運命を決めるほどの重要を決断下す、エレノアの苦悩も味わうことができます(*´ω`*)

高い難易度と言いましたがこれは難易度ノーマルの話で、イージーモードも用意されていますのであまり自信のない方でも(多分)安心してプレイできると思います。 さらにノーマルより上のハード、ベリーハード的な難易度も用意されていますのでゲームに慣れてきて「さらに上の難易度がやりたい」となってもさらに歯応えあるゲームプレイを行うことが出来ます。

おわりに

そんなわけでゲーム性・ストーリー・難易度バランス・やり込み性と文句無しな名作「トライアングルストラテジー」の評価でした。

気になる方は以下の公式サイトをチェックして、面白そうだと感じたら是非プレイしてみてください。

「トライアングルストラテジー」公式ページ

ニンテンドースイッチ単品ゲーム紹介

この記事を書いた人

タニシ翔

アニメ・ゲーム・プラモ・アクアリウム等のインドア趣味好きおじさん。
最近はウマ娘やプリコネ、カイロソフト作品を主にプレイ。
推しはライスシャワー・ナイスネイチャ。

家庭機は3D酔いしやすいので主にSwitch信者ですがPS4もたまにプレイ。ダンガンロンパ・龍が如くシリーズ好き。

プラモは主にアニメの影響でガンプラや戦車を主に作る。
ただし塗装やライン消しすらこだわらない超ライトユーザー。

アクアリウムの魅力に最近ハマり色々模索中。タニシ可愛い

タニシ翔をフォローする
タニシ翔をフォローする
Shou Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました