ガンダム作品のキャッチコピー クイズ10問【印象に残る名コピー】

スポンサーリンク
アニメ
この記事は約33分で読めます。

皆様こんにちは、好きなMSはゾック。 翔と申します。

今回はガンダム作品のキャッチコピーをクイズ形式で10本紹介させていただきます。

作中での名セリフや作品内容を端的に表したような言葉など、視聴者に作品を印象付けるために使われるキャッチコピー。

何問正解できるか、是非挑戦してみて下さい。

1.「君は、生きのびることができるか」

君は、生きのびることができるか

TV版の次回予告でも毎回言っていたので分かる方も多いと思います。 当時珍しかった「戦争」を題材にしたロボットアニメだったからこそのインパクトがありますよね。

正解:「機動戦士ガンダム」


記念すべきシリーズ第一作目「機動戦士ガンダム」のキャッチコピーです。 TVシリーズの次回予告でも毎回言ってましたよね。

”君”とまるで視聴者に問いかけるような、緊張感を与えてくる言い方が印象的なキャッチコピーです。

2.「子供はみんなニュータイプ! 見せてやろうじゃないの! 大人たちにさ!」

「子供はみんなニュータイプ! 見せてやろうじゃないの! 大人たちにさ!」

TV版放映初期の明るい雰囲気と主人公の性格が表れたキャッチコピーです。 主人公の声でたやすく脳内再生できますね。 他にも「ニュータイプの修羅場が見れるぞ!」というものもあります。

正解:「機動戦士ガンダムZZ」

ガンダムシリーズ3作目「機動戦士ガンダムZZ」のキャッチコピーです。 自分達の力だけで強く生きている主人公・ジュドーの性格と、ZZでのニュータイプ論が表現された名キャッチコピーですね。

3.「人は、いつ戦争を忘れることができるのか?」

「人は、いつ戦争を忘れることができるのか?」

「戦争」「反戦」をテーマにしつつ「人類は戦争を止める事はできない」。 ガンダム作品らしいキャッチコピーですね。

他にも「目覚めよ宇宙。” ガンダム “新時代-第一章」や「ガンダムは、新たなる宇宙へ…」というキャッチコピーもあります。

正解:「ガンダム F91」

「ガンダムF91」は機動戦士ガンダムの映画化10周年を記念し制作された劇場用オリジナル作品です。

時代設定は一年戦争から40年以上、第二次ネオ・ジオン抗争からは約30年が経過した、宇宙世紀0123年が舞台で、それだけの長い期間がたっても戦争を止められない人類の愚かさと虚しさが感じられる言葉ですね。

4.「月は出ているか?」

「月は出ているか?」

作中でも名セリフとして使われている、有名なキャッチコピーですね。 それだけに非常に印象に残りやすく、知っている方も多いと思います。

正解:「機動新世紀ガンダムX

月が直接戦闘能力に直結する珍しい設定のガンダム、「機動新世紀ガンダムX」のキャッチコピーです。 第一話のラストでガンダムXの能力を知っているジャミル・ニートが「月は出ているか?」とクルーに確認するシーンが印象的でしたね。

5.「――それは、可能性の獣」

「――それは、可能性の獣」

作中でもよくテーマになっていた「可能性」という言葉と、主人公機の特徴的なシルエットがかかった、印象に残るキャッチコピーです。 

正解:「機動戦士ガンダムUC」

OVA作品「機動戦士ガンダムUC」のキャッチコピーです。 第一話のビスト父さんから託された「可能性」ユニコーンガンダムの秘密と、その一角獣・ユニコーンの様な頭部シルエットがかかっていて、印象深いキャッチコピーですね。

6.「地球がリングだ」

「地球がリングだ」

作中のセリフでもあり、CM等でもよく使われていたキャッチコピーです。

「リング」なんて言葉が使われるガンダム作品は他にありませんので、これは分かりやすいですね(*’▽’)

正解:「機動武闘伝Gガンダム」

地球をリングに、ガンダムで格闘技を行う異色作「機動武闘伝Gガンダム」のキャッチコピーです。 作中ではこの言葉通り、地球を舞台にした熱い格闘バトルが繰り広げられます。

ちなみに本作は他の大多数のガンダム作品とは違い、コロニーで宇宙進出した人類の方が、地球に残った人間よりも優位な暮らしをしているという珍しい設定があったりします。

なので地球がもはやコロニーに住む人間にとっては戦いの場でしかなく、この「地球がリングだ」という言葉にもその世界観が表れていますね。

7.「いのちの糧は、戦場にある」

「いのちの糧は、戦場にある」

戦いの中で多くの仲間が死んでいく、そんな過酷な戦場で生きる主人公たちの環境を表したキャッチコピーです。 放映初期の泥臭い雰囲気が好きでしたね(遠い目)。

正解:「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」

他のガンダムシリーズにはない泥臭さや、仲間や主人公が容赦なく傷ついていく展開が特徴の作品で、厳しい環境の中で戦い抜く主人公たちの生き様を表したキャッチコピーです。

8.「君はいま、終局の涙を見る…」

「君はいま、終局の涙を見る…」

ガンダムシリーズでも屈指の人気の、ある2人のキャラクターの決戦を描いた作品のキャッチコピーです。 PVでも使われていましたね。

正解:「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」

初代ガンダムからのライバル、アムロとシャアの2人の決着を描いた作品です。 初代から14年ほどの歳月が経ち、成熟した2人の最終決戦にふさわしいキャッチコピーですね。

9.「TV放映より10年…ガンダム新世代の幕開け!」

「TV放映より10年…ガンダム新世代の幕開け!」

初代ガンダム放映から10年後の1989年に公開されたガンダム作品です。切ないラストが心に響く名作ですね。

正解:「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争

ガンダムシリーズ初のOVA作品「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」のキャッチコピーです。 

上の物は販促用のキャッチコピーですがOVA最終巻のキャッチコピー、「さよなら、バーニィ」が個人的に好きです。

10.「破壊による再生が始まる」「その再生を破壊する」

「破壊による再生が始まる」「その再生を破壊する」

物語の前後半で対になるキャッチコピーが用意されたタイトルです。主人公達の戦う目的の変化が表れていますね。

正解:「機動戦士ガンダムOO」

「機動戦士ガンダムOO」のファーストシーズン、セカンドシーズン、それぞれのキャッチコピーです。

ファーストシーズンではでは世界の変革のために、セカンドシーズンでは世界の歪みを相手に戦うストーリーで、それぞれの目的を端的に表したいいキャッチコピーですね。

【おわりに】

という訳で今回は「機動戦士ガンダムシリーズ」のキャッチコピーを個人的なチョイスで10個、紹介させていただきました。 知っている物はいくつありましたか? 

劇中の名セリフや、物語のテーマを端的に言い表した言葉など、印象的なキャッチコピー達。

その言葉を知ったうえで作品を見ると、「あぁここのセリフかー」とか「こういうテーマで描きたかったんだな」など新たな視点で見ることができるかもしれません。

皆様ももし、気になるキャッチコピーの作品がありましたら、ぜひ本編作品も見てみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました