『ウマ娘』序盤のプレイ感想 「マヤノトップガン」菊花賞にて散る・・・

スポンサーリンク
ウマ娘

今回は2021年2月24日に満を持してリリースされたゲームアプリ『ウマ娘 プリティーダービー』の序盤をプレイしての印象を書いていこうと思います。

先に言いますが、本作は「競走馬を題材にしたパワプロ的育成ゲーム」です。 ただしそこに可愛く、出来のいい3Dモデルや、そのモデルを活かした迫力のレースや壮大なライブシーンなどを加えた、非常に意欲的な美少女ゲームになっています。

まだ序盤のプレイですが、個人的に非常に気に入った作品になったので、気になっている方は是非プレイしてみて下さい。

チュートリアルまでの感想記事も書いています。 よろしければ見てみて下さい。

『ウマ娘』がついにリリース 序盤・チュートリアルまでプレイ感想

ウマ娘 課題レース攻略のキモ・サポートカードの重要性【初心者向け】

それなりに遊んでからの感想も書きました、良かったら見てみて下さい・

『ウマ娘』をプレイして感じた良い所10点【おすすめゲーム感想】

ウマ娘、最初のガチャ30連。 爆死寸前でしたが・・・

確定演出としてガチャを引いた直後に開かれる扉にsy装飾がなされているようです(通常はただの木の扉)。 

という訳でチュートリアル後にもらえる4500ジュエルを使って、30連してきました。 が、最初の20連で☆2が3つと言う散々な結果に・・・ あまりリセマラはしたくないのですがこれは流石に・・・と思った30連目・・・扉が豪華に!? そう思った直後ゲートに虹が一つ、そして来てくれました、トウカイテイオーちゃん(*‘∀‘)  メチャ可愛いです。

さらにその後、最後の金色ゲートに異変が・・・金色が・・・虹色にっ・・・

ライスシャワーちゃんも来てくれました。凛々しく、カッコ可愛いです。

そんな具合で一時は最低保証一歩手前のプ○コネ仕込みの爆死芸を披露しかけましたが、何とか最後に☆3を2人お迎えできました。 サポートカードはとりあえず後回しで。

最初の育成開始! 最初は君に決めた!

そんなわけで最初の育成はもちろんこのウマ娘・・・

マヤノトップガン」ちゃんです(*‘∀‘)

可愛いからね、仕方ないね。決して様子見とかではないです(*’▽’)

育成画面は見やすく、分かりやすく、直感的に操作しやすいです。

ロードも短く、レスポンスも良く非常に軽快な操作性です。

育成パートは「パワプロ式」コマンド選択式育成ゲーム

芸コマ!選ぶ育成コマンドで衣装が変わる

育成パートでは体力を管理しつつ、トレーニングとお休みを繰り返していくことになります。 同じトレーニングを何回かこなすと、レベルが上がり、トレーニング効果が上がります。 

そしてトレーニングはパワーやスピードなど、5種類の項目から選ぶことになるのですが、選ぶ項目によってウマ娘の衣装が変わります。

スピード、パワー、根性では「ジャージ」、スタミナでは「水着」、勉強では「制服」になります。 細かい点ですが、こういうキャラが可愛いゲームだと、ビジュアルの変化は非常に嬉しいですね。

ちなみにトレーニング実行時には、短めのカットインアニメが表示されます。 サポートキャラがいる場合は、そのキャラもちょっと画面に映ったりします。 サポートキャラが参加するかはトレーニング項目を選択した時に右上にアイコンで表示されます。 実行するとそのキャラとの絆が上がり、良い効果のイベントが発生やすくなったりします。

体力が減っているとトレーニング失敗率が上がります。 低くても油断禁物・・・

そんなこんなで育成していたら、10%の失敗率を引いてデバフ「練習ベタ」がついてしまった・・・10%でも油断ならないとは、パワプロかよ・・・

「練習ベタ」は練習効果が下がり、失敗率も上がるので、早急に取り除いてあげます。 方法はとても簡単で、メイン画面の保健室コマンドで保健室に行ってあげれば治ります。 同時にちょっと回復。

私は一発で治りましたが、パワプロの通院と同じなら、確率で治療、と言うのもあり得ますね。 いずれにしろ状態異常はならないのが一番ですね。 もうならないでくれよ・・・(-_-)

追記

やっぱり治療成功は確率の様です。

その後のプレイで4週連続で治療に費やす、というようなことが起こりました・・・ やはり体力が減っている時のトレーニングは極力避けた方がいいです。

ちなみに「練習失敗率が一定期間上がる」という恐怖のデバフも存在します。 勉強ですら失敗する可能性が出てきますZE( ;∀;)

育成後は最初の課題レースに挑戦(出走すればクリアです)

10ターンほど自由に育成したら、最初の課題レース「ジュニア級メイクデビュー」に出走します。

課題と言っても出走すればクリアなので、気軽なものですが、是非勝利して弾みをつけたいところ。

試合前にスキルポイントを使用して、習得できるスキルを習得し、レースへ。 レース前に予想やコースとの相性を見ることができますが概ね問題なし。 まぁ最初のレースですからね。

ゲートインする時の縦に3人並ぶ画面からのグイッと自分のウマ娘が大写しになるカットが好きです。

レースは根性重視で育ててましたが、スピードでも圧倒して一位獲得。流石、トップガンの名は伊達じゃないぜ・・・

縦画面いっぱいで可愛さアピールしてくる優勝画面がたまらないですね(*´ω`)

最初の課題を達成! しかしファン数獲得の道のりは遠い・・・

レースを終了し、課題をクリアすると、次の課題の内容とその課題達成までの期限が表示されます。

次なる課題は「ファン10,000人を達成する」です。 ファンは基本的にレースで上位入賞することで獲得でき、一位を取れば大体1,000人から5,000人ほど増えます。 もちろん獲得ファン数が多いレース程、上位入賞が難しくなっていますので、下のレースで堅実に増やすか上のレースで一発を狙うかはプレイヤーの判断次第になります。

獲得ファン数は多くありませんが、下のレースならかなりの確率で上位に食い込めます。 ターン数に余裕がある場合は堅実に増やした方がいいかも。

目標ファン数を獲得し、すぐに次の目標「菊花賞」へ しかし・・・

そんなこんなでレースをこなし、期限内にファン数10,000人を達成。途中何度か4位や5位になったりで結構ギリギリでした。(3位未満はほとんどファンが伸びない) 

ちなみに注意点ですがレースは3週以上連続で行うとウマ娘の調子が一段階下がることがあるので、連続出走はできるだけ2連続までにしておいたほうがいいです。

細かいことですが、天候・雨の時は実況も「お足元の悪い中・・・」とセリフが変わるところがいいですね。

そして次なる目標「菊花賞で5位入賞」がほとんど間を開けずに出現。

可能な限り体調を回復して挑みます。 が、大分分が悪いようで、出走前の予想も「△ーー」とイマイチで、人気も5番人気と微妙な様子・・・大丈夫かな・・・

・・・ダメでした( ;∀;)

結果は14位と今までにない結果に・・・まさかここまでとは・・・

一応こういった課題のレースに失敗すると救済アイテムの使用ができるようで、アイテム「目覚まし時計」を使うことで調子が一段階上がった状態で再チャレンジッできるみたいです。

しかし、調子は最高の絶好調でしたし、完全にステータスが足りないようでしたので、再チャレンジはせず、今回は諦め育成を終了することにしました。

リザルト画面の笑顔が可愛いにぇ・・・ 次はもっとうまくやるよ・・・

【まとめ】育成モードを一回遊んでみての感想

という訳で志半ばで終わってしまいましたが、『ウマ娘』最初の育成「マヤノトップガン編」でした。

ゲーム全体の印象ですが、以前やり込んだ「パワプロ」のようなゲーム性の育成ゲームに、可愛い3Dモデルや見応えあるレースパート、そして非常によく作りこまれたライブシーンと、非常に完成度の高いスマホゲームだと感じました。

育成ゲームとして

メインキャラは様々な能力や適性、スキルを持ち、プレイヤーの育成次第でまさに十人十色の成長を見せます。 基本ステータスのそれを伸ばすかから、どんなスキル編成にするかなど、同じキャラを使っても、最終的には全く違う性能のキャラが出来上がります。 この育成の幅は育成ゲームとして非常に良い点ですね。

また、育成開始前に編成するサポートカードによって、育成中に良いイベントを発生させたり、トレーニングに参加し、効果を上昇させたりしてくれます。 なのでサポートカードがそろって来れば、どんなメインキャラを育てる時でも安定して良い結果を出すことができるようになります。

お手軽なゲーム性に幅広い育成要素、そして少しばかりのランダム要素が絡んだ、非常に好感触な育成スマホゲームです。 

育成ゲーム以外の要素 キャラクター・レース・ライブ等

3Dモデルの出来はどのカット・シーンをとっても良く、トップ画面から会話シーン、レースシーン、ライブシーンまで、耳やシッポに至るまで、本当によく動きます。 

何よりキャラが可愛い。 これが第一のゲームと言っても過言ではありません。

キャラのモーション、セリフ、表情などはかなり多彩に用意されており、タップしたり、ほっとくだけでも色々なセリフを喋ったりします。

レースシーン・ライブシーン共に変にゲーム性を入れずに、視聴に徹しさせる作りにしたのも個人的には高評価です。 リズムゲームとか入れだしていたら、多分途中でやめてたかも。

それとライブシーンは最初はおなじみの「Make debut!」のみですが未開放分も合わせ、11曲も用意されているうえ、ライブ前にメインボーカルの3人とその衣装を選択でき、そのライブ担当ボーカルが変わります。 この細かさは素晴らしいですね。

レースで勝利しなくても解放した楽曲はメイン画面からいつでも再生できるので、好きなキャラの歌声をいつでも楽しむことができます。

【まとめ】全方面で高品質なcygamesさんの超力作

という訳でゲームを一周遊んだ感想を簡単にまとめると

  • お手軽操作で奥深い育成系スマホゲーム
  • 高品質な3Dモデルとモーションのキャラクターによる白熱のレースとライブ
  • 見やすい画面と分かりやすいレイアウトで提供される快適なゲームプレイ
  • 育成以外に下手にゲーム性を入れず、見応えある映像に集中できる

と言った感じです。 

可愛いキャラクター達は見ているだけで楽しく、そのキャラクターの思い思いの部分を伸ばして、レースで狙いがしっかりハマった時は、育成ゲームとしての楽しさを非常に強く感じられます。

そんな基本の面白さに、レースやライブなど、見応えあるサブウェポンがしっかりと噛み合い、細かいセリフやモーションの多さやオプションなどの親切さも合わさり、非常に力の入っていて、かつ丁寧なゲームに仕上がっていると感じました。

今のところプレイしていてこれといった不満もなく、ストレスフリーでプレイしています。

今回は残念な結果でしたが、サポートなども強化して、次こそは菊花賞を突破しようと思います。

今回は以上です。お読みいただきありがとうございました<(_ _)>

今度はこちら、「トウカイテイオーちゃん」で挑んでみたいと思います(*‘∀‘)

コメント

タイトルとURLをコピーしました