ただの推理ゲーム?”それは違うよ!”な名作 ダンガンロンパ1【ゲーム紹介】

スポンサーリンク

今回はスパイク・チュンソフトから

2010年に発売された

PSP用ソフト「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生

を紹介したいと思います。

ネタバレは極力行わないつもりなので

これからプレイしようか迷っている方は

是非参考にしてくださいね(^-^)/

ダンガンロンパ 概要

ダンガンロンパは2010年に

PSP専用ソフトとして発売された

ハイスピード推理アクションゲーム

これまでに1~3までの本編と

外伝が一作製作されています。

またそれらの移植・リメイク作品が

PSvitaやPS4、スマホなど

多彩な機種向けに発売されています

ゲーム以外にも小説、漫画、アニメ、舞台と多岐にわたる

メディア展開を行っている人気作品です。

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生は

そんなダンガンロンパシリーズの記念すべき第一作目です。

ダンガンロンパはこんなゲーム

ジャンルはハイスピード推理アクションゲーム

ダンガンロンパは日本中の

超高校級の才能」を持つ生徒が集う

日本屈指の名門校、希望ヶ峰学園を舞台に行われる

コロシアイ学園生活」を生き延びながら

次々に起こる殺人事件の真相を解き明かし

「コロシアイ学園生活」の、

そして希望ヶ峰学園の秘密に迫ってゆく

推理ミステリーアドベンチャーゲームです。

「コロシアイ」と「学級裁判」 本作の流れ

本作は事件が起こるまでの

アドベンチャーパート「日常編」と

事件が起こった後の

探索パート「非日常編」、

その後最終的に犯人を見つけ出す

議論パート「学級裁判

基本的に、この3つのパートで構成されています。

コロシアイ」は閉鎖された

学園に閉じ込められた生徒達に

殺人を行って、その犯行が暴かれなければ

その生徒だけ外に出してもらえる

と伝え、互いに殺し合わせる

といういわゆる「デスゲーム」になっており、

事件後、様々な情報や手掛かりを議論ですり合わせ

真相を暴き、犯人を追求する

「学級裁判」パートに続きます。

テーマはサイコポップ

本作のテーマは「サイコポップ」とされており、

他の一般的な推理ミステリー物と比べると

少し現実離れしたような世界観や設定が多いです。

憧れの名門高校に入学できたと思ったら

学校に閉じ込められ、

急に出てきたクマのぬいぐるみのようなマスコットに

クラスの他の誰かを殺してね、そしたら出してあげる

などと告げられる。

そんなサイコな超展開が

序盤から全開で行われます。

しかし、ゲームの司会進行が可愛らしい

クマのマスコットだったり、

死体などのシーンも血液をピンク色で表現したりと

所々ポップな印象を受けます。

このように作品が

暗くなりすぎないようにしている工夫が

本作の魅力を押し上げている要因の一つです。

残虐な執行者ながらどこか憎めないマスコット、「モノクマ」 声はドラえもんのあの人!?

・SPIKE GHUNSOFT ダンガンロンパ紹介ページより

本作のマスコット、モノクマ CV:大山のぶ代

物語の司会進行役とともに監視者でもあります。

ダンガンロンパを語る上で欠かせないのが

シリーズに通して登場する、マスコットキャラクター

モノクマ」の存在です。

モノクマは体の中央から右と左でそれぞれ

可愛らしい白い半身と悪魔のような黒い半身に別れた

クマのぬいぐるみのような外見をしています。

本作、1作目では

希望ヶ峰学園の学園長として突如現れ

「コロシアイ」を行うよう主人公達に告げ、

反抗した生徒をその場で処刑してしまうなど

理不尽かつ残虐な振る舞いで

そのサイコ振りを見せつけました。

しかしこのモノクマ、

これだけのサイコキャラながら

憎めない点が一つあるんです。 それは・・・

声が可愛いんです

声優さんはかつてドラえもんの声を担当していた

あの大山のぶ代さんです。

この大山さんの可愛らしい声で発せられる

モノクマのサイコな台詞の数々は

並みの声優さんでは醸し出せない

不気味でありながらポップな印象を与えてくれます。

まさに本作のテーマ、「サイコポップ」を

体現したキャラクターと言えるでしょう。

ダンガンロンパはこんな方にオススメ

  • 閉鎖された空間で行われるデスゲーム展開が好きな方
  • 「コナン」や「金田一」のような暗すぎないミステリーが好きな方
  • 「逆転裁判」のような推理ADVが好きな方
  • 大山のぶ代さんが好きな方

 

本作のゲーム部分は推理ADVなので

同じジャンルの「逆転裁判」シリーズや

レイトン教授」などのゲームが

好きな方にはオススメです。

 また、事件を追っていく楽しさは「名探偵コナン」や

金田一少年の事件簿」に通ずるものがあります。

これらの作品が好きな方にもおススメです。

簡単な序盤のストーリー 先が読めないワクワク感

主人公、苗木誠は、日本中の「才能ある高校生」を集めた

日本屈指の名門校、希望ヶ峰学園の前に立っていた。

彼もこの学園への入学が決まっていたが

彼には特別な才能があるわけではなく、

学園側が抽選で一人だけ抽選で選出する

「超校高級の幸運」として入学が認められたのでした。

それでも日本最高の学校に入学できる喜びを胸に

校門をくぐった直後、意識が乱れ、

気がつくと教室に移動していました。

突然のことに混乱する苗木でしたが

その後同じような境遇のクラスメイト達と話し、

情報を交換していると、校内アナウンスで

体育館に集合するよう促されます。

全員で体育館へ移動すると そこに可愛らしい

動くクマのぬいぐるみが突然現れ、告げます。

オマエラにはコロシアイを行ってもらいます!

その後、主人公達が学園に閉じ込められたこと

これからクラスメイト同士でコロシアイを行ってもらうこと

人を殺して犯人と見破られなかった者だけが外に出られること

そんな異常なことを次々伝えられ、女子生徒の一人が

モノクマに掴みかかりますが、

管理者への暴力ペナルティとして

見せしめとして処刑されてしまいます。

その異常な光景に戦慄する生徒達を前に

モノクマは不気味に笑うのでした。

これがダンガンロンパ1の

序盤の簡単なストーリーです。

普通の学園生活に突如現れる異常で不気味な存在。

明るい日常からの急転直下の非日常。

そんな二面性のある話を、メリハリよく織り込んで来る

どんどん続きが気になっていく物語も

本作の大きな魅力です。

・SPIKE GHUNSOFT ダンガンロンパ紹介ページより

主人公の苗木誠

「超高校級の幸運」の持ち主。

超高校級のキャラクター達 誰が死ぬかわからないドキドキ感

本作に登場するキャラクターは皆、

「超高校級の才能」を持った生徒たちです。

その分野は多岐に渡り、「超高校級のアイドル」や

「超高校級の野球選手」「超高校級のプログラマー」など

多彩な才能を持つ個性的な生徒ばかりです。

そしてどんなにキャラクターが立っていても

あっさり死にます(-_-)

個人的には主人公と最初に仲良くなり

「この子が本作のパートナーポジションか・・・」

というような雰囲気の

可愛い女子が最初の事件で逝った時は

度肝を抜かれましたね(;一_一)

「え!?この子死ぬの!?」と本気で思いましたね・・・

そんな、誰が死んでもおかしくない

そんなドキドキの展開が

作品の面白さの一つです。

本作ならではのシステム

本作のメインとなる、議論パートは

他の推理ゲームとは少し異なります。

大きく分けて

  • 「ノンストップ議論」
  • 「閃きアナグラム」
  • 「マシンガントークバトル」
  • 「クライマックス推理」

の4つのパートで構成されます。

「言葉の弾丸」で相手の主張を論破!ノンストップ議論

議論パートの中で最も多く行われるのが

このノンストップ議論です。

探索パートで集めた手がかりを

言葉の弾丸、「言弾」として撃ち出し、

議論の中で発生する

「おかしな発言」を打ち抜き、

論破していくことで

議論を進めて行くことになります。

 議論中は各々の発言が

ノンストップで浮き文字として表示され

文字が消えるまでの時間内に

正解の言弾をぶつけることで

相手の言葉を論破できます。

 ただし不正解の言弾をぶつけてしまうと

主人公のライフポイントが減少してしまうので

しっかり考えてから撃つようにしましょう。

 このシステムにより、他のゲームにはない

大人数での議論のスピード感を表現しており、

アクション性も増しています。

キーワードを紡ぎだす! 閃きアナグラム

推理の要所でポイントとなるキーワードを

主人公が頭の中で整理することで紡ぎだします。

画面に現れる文字を順番に選択して

正しいワードに並び替えればクリアになります。

例えば「ナ」「グ」「ラ」「ム」「ア」と

画面にランダムに表示されるので

ア、ナ、グ、ラ、ム、と順番に

選択してあげればクリアになります。

いきなりのリズムゲーム!? マシンガントークバトル

マシンガントークバトルは

リズムゲームのように

周回するアイコンが

指定の位置に来た時にタイミングよく

ボタンを押すことで相手の言葉をロックオンでき、

その後発射ボタンを押すことで

その言葉を破壊していく

少し特殊なゲーム性になっています。

とはいえリズムゲームとしての難易度は高くなく。

クリアだけなら割と適当にやっても問題なしです。

ただし注意点はリズムゲームは

あくまでロックオンだけ、なことです。

その後発射ボタンを押さないと

相手の言葉を破壊できないので

ロックオン後は忘れず

発射ボタンを押すようにしましょう。

事件の真相を漫画形式で整理! クライマックス推理

事件の終盤に登場するのが

クライマックス推理」です。

事件の大まかな流れが

アメコミのような漫画形式で表示され、

その要所要所が抜けているので、

プレイヤーは選択肢として表示されるコマを

正解だと思う箇所に当てはめていき、

漫画が完成すればクリアとなります。

それまでの事件のおさらい・まとめ的な内容なので、

ゲームをしっかりプレイしていれば

全く難しくないです。

真相を暴き、犯人を追い詰める、

クライマックスにふさわしい

興奮必至のパートです( `ー´)ノ

ダンガンロンパ ゲーム性まとめ

このようにダンガンロンパは

他の推理ゲームに比べ

アクションやリズムなど、

変わったゲーム性を採用しています。

これは正直人によって

好き嫌いが分かれると思います。

推理ゲームなんだから選択式だけでいいだろ!

という人もいると思いますし、

リズムゲーム要素とか要るか?

言う人もいると思います。

ただ、間違いなくほかの推理ゲームでは味わえない

意欲的なゲームになっていますので、

「荒削りながらも革新的なゲーム」というものに

魅力を感じる方はハマれると思います。

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 まとめ

まとめるとダンガンロンパは

学園を舞台に、サイコポップな雰囲気の中、

発生する殺人事件の真相を解き明かして、

デスゲームを生き延びながら、

その状況を仕組んだ、学園の秘密に迫っていく

そんな内容になっています。

他の推理ゲームにはない独特の雰囲気と世界観。

アクションやリズムなども

盛り込んだ意欲的な議論パート。

次に誰が死ぬか予想のつかないドキドキの展開。

そして謎に包まれたモノクマと希望ヶ峰学園の秘密。

ADVとして唯一無二の魅力が使った名作です。

今回はPSP時代の名作ADV「ダンガンロンパ1」

を紹介させていただきました。

今でしたらPS4で1と2がセットになった

「ダンガンロンパ1・2Reload」が。

またスマートフォンで買い切りアプリ版が配信されていますので

そちらでのプレイをオススメします。

この記事で少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。

プレイしていただけたらとっても嬉しいです(*´ω`)

ダンガンロンパ1・2 Reload PS4版

価格:3,553円
(2020/12/21 12:50時点)
感想(6件)

ダンガンロンパ 1・2 Reload PlayStation Vita the Best

価格:2,755円
(2020/12/21 12:53時点)
感想(5件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました