【神ゲー】「テラテック」が面白すぎる!スイッチでできる高コスパオープンワールド

スポンサーリンク
ゲーム

皆様こんにちは、翔と申します(*´ー`*)

今回は先日ニンテンドースイッチで配信開始したオープンワールドゲーム「テラテック」をプレイしたところ、バリ面白いゲームだったので、簡単に紹介したいと思います。

このテラテック、約2,000円というロープライスながら、ハマる方は100時間ほどプレイできるだろう超高コスパゲームになっていますので、「できるだけ安く、長くプレイできるゲームが欲しい!」と考えている方に特におすすめです。

本記事では

  • テラテックとはどんなゲームなのか?
  • プレイして面白かったポイント
  • プレイして気になったポイント
  • 最終的なまとめ

という流れでゲームについて紹介させていただきますので、是非最後まで見ていってください(/・ω・)/

ゲーム概要

ゲーム名テラテック
ゲームジャンルクラフト系オープンワールド探索ゲーム
メーカーテヨンジャパン
価格2,200円(税込)
swich版配信日2021年4月28日
公式ページhttps://store-jp.nintendo.com/list/software/70010000025269.html

「テラテック」ってどんなゲーム?

テラテック

ゲーム内容(引用)

組み立て・クラフト・探索・バトル!

テラテック
テラテック

自由な発想でブロックやパーツを組み合わせて乗り物や基地を作って、自動生成されるオープンワールドの世界を探索しよう!

□■キャンペーン■□
世界を探索してランダムに出現する敵マシンとバトル!破壊した敵マシンのブロックとパーツをその場で自分のマシンに装着して強化!あらゆる目的にフィットする多様な車を組み立てて、ミッションをこなしながら広大なオープンワールドの世界を生き残ろう!

□■クリエイティブ■□
400種類以上のブロックとパーツを自由に使って自分だけの乗り物や基地を作ろう!特定の機能をもつブロックとパーツを組み合わせて地面を走る車、空を浮遊する飛行機やヘリコプターなど、アイデアはまさに無限!スナップショット機能で撮影すれば、作成した乗り物をキャンペーンモードに読み込むことができます。

□■ガントレット■□
エンジンやジェットパーツを装着した高速のマシンを組み立ててタイムアタックに挑戦!自慢の最速マシンでコースを駆け抜けてランキングの上位を目指そう!

□■マルチプレイ■□
マシンを選択して最大4人で対戦プレイしたり、最大2人でキャンペーンモードやクリエイティブモードを協力しながら遊ぶことができます。

引用:my nintendo store テラテック紹介ページより

ゲームPV(これだけでも見ていってください(*’ω’*))

本作のPVです。 本作の魅力の90%くらいが伝わります。

これで「面白そう!」と思ったなら、買って間違いはないです。 ただ、このPV後半で流れてるようなものが作れるようになるのはだいぶ先の話になりますが(´-ω-`)

テラテック [Indie World 2021.4.15]

テラテックはクラフト系オープンワールド探索ゲーム

テラテックがどんなゲームが簡単に言うと「様々な特性をもつブロックを使って、自分だけのビークル(乗り物)をクラフトし、フィールドを探索してミッションをクリアしていくオープンワールド探索ゲーム」です。

主人公は特定のキャラクターなどではなく、ゲームでは主に、「テック」と呼ばれる、自分の作成したビークルを操ることになります。

このテックは大小様々なブロックやパーツなどで構成され、フィールドに落ちてたり、敵を倒すことで入手したブロックをその場で付け変えたりして、能力を強化したり、大型化したりすることができます。

基本的にはこの流れの繰り返しで「フィールドを移動しながら倒した敵のパーツやフィールドに落ちてるブロックを使って自分のテックを強化していき、より多くの資源獲得・ミッションクリアを目指す」というのがゲームの目的になります。

テラテック
最初はショボく、少ないブロックしか使えませんが、フィールドで入手してくっ付けることでどんどん大型・強力になっていきます。 中には「バリア」が張れるようになるようなパーツも・・・

他のテックと戦闘し、パーツを入手していく

本作は未開の惑星の資源をテックを使って採掘する、という一応のストーリーのようなものがあり、フィールドには武装したライバル会社のテックたちが存在し、主人公に襲い掛かってきます。

ただ、このテックたちもブロックで構成されており、撃破することで、そのブロックを自分のテックのパーツとして使用することができます。

そうして自身のテックをどんどん強化し、さらなる強敵に挑み、より優秀なパーツを入手することもゲームを進めるうえで非常に重要なポイントになります。

「キャンペーン」はミッションクリア型

ゲームの一応のストーリーモードと言える「キャンペーン」はミッションクリア型のゲーム性で、フィールド各所に存在する「交易所」という施設で表示されるミッションをクリアし、取引のある各会社の取引レベルを上げていくことが、チャレンジ要素として用意されています。

ゲームでは交易所で各会社のパーツを購入することができるのですが、会社の取引レベルが上がると、その会社からより高性能なパーツを購入することができるようになりますので、会社のレベル上げは自機の強化にも直結する要素とも言えます。

「クリエイティブモード」で自由な作成を行うのもあり

テラテック
乗り物だけじゃなくコンベアを使った工場的なものも作成できる

「ブロックで乗り物や工場を作るのは楽しそうだけど戦闘はしたくないなぁ・・・(-_-;)」

そんな方向けに、最初からすべてのブロック解放・戦闘無しで、のびのび自分だけのテック制作に熱中できる「クリエイティブモード」も用意されています。

マイクラとかでもありますよね。 あんな感じで好きにモノ作りだけを行うことができますので、クラフトだけをやりたい、という方でも安心してプレイできます。

ちなみに後から「すごくいいものができたし、せっかくだからこいつで暴れたいなあ」と思ったら、キャンペーンモードに登場させることも可能です。

プレイして面白かったポイント

という訳で「テラテック」のゲーム部分ついて紹介してきましたが、ここからは実際にプレイしてよかったポイントを紹介していきます。

自分のだけのテックを組み上げていく楽しさ

テラテック

「テラテック」の楽しさの90%程が、この「自分だけのテックを組み上げていく楽しさ」です。

序盤は敵の落としたパーツなどを受けかえることでしか自機の強化・製作ができませんが、後に「パーツインベントリ」が解放されると、保管されているパーツ群から自由にパーツを呼び出して装着できるようになり、一気にクラフトが便利になります。

使用できるパーツも「基礎ブロック」や「タイヤ」「武装」「発電装置」など、様々な種類があるうえ、それぞれ大きさや重さなどが異なり、配置する位置やバランスを変えるだけでもテックの性能が大きく変化したりします。

こういったパーツ群を「大きいタイヤを前に配置して走破性を上げて・・・(*’ω’*)」「武装はスペースとるから最低限にして・・・(;’∀’)」「前が重くなりすぎたから後ろにバッテリーつけて・・・(-_-;)」なんて色々考え、実際走らせ、うまくいかずに試行錯誤・・・と自分なりの最適テックを作り上げていくのが本当に楽しいんです。 気づいたら製作だけで1時間たってた、なんてのもザラです。

自分なりの「最適化」を求めていく楽しさ

上でも書いてますが、とりあえずそれっぽいものを作り、後からそれをどんどん最適化していく作業も、時間を忘れる楽しさがあります。

例えば自機となるテックも最初はとりあえずブロックをつなげて車輪を4つくっつけて、とりあえず走れる最低限のものを作ることになります。 しかしその後使えるパーツが増えてくると、車体自体を大きくし、タイヤの数も増やし、より多くの武器を積めるようにし、とどんどん最適化していく作業を行う必要が出てきます。

この最適化、というのは何もやたらめったら大きくすればよい、という事ではなく、自分のプレイスタイルや使用目的に沿って、その機能をできるだけ拡充させる、ということです。

「戦闘」重視の武装満載戦車にしろ、「移動」重視の高機動車両にしろ、やはり自分なりのパーツ採用・配置でテックを組み上げていき、何が必要で何が無駄かを考えて組み上げていくには、間違いなくこのゲームの楽しさのひとつです。

「飛行系」テック組み上げの難しさと達成感

テラテック
飛んだ時の達成感は最高の一言 まともに飛ぶようになるまでどれだけかかったか・・

登場するテックは地面を進む車両だけではなく、ゲーム中盤には飛行機などの「飛行系」テックが登場します。

一見最強そうな飛行系テックですが、組み上げ・操縦の難しさが車の比ではありません(-_-;)

飛行系テックはパーツの重さのバランスなどが非常に重要で、このバランスが悪いと飛行中に常に飛行機が傾き、まともに操縦することが困難になります。

また、「あれもこれも・・・」とパーツ数を増やしすぎると重量が増加し、これまたうまくいかなくなります。 なので飛行系は「必要かつ最小限なパーツを最適なバランスで組み上げる」ことが求められるんです。

ただし、そうやって組み上げた飛行機が、初めてまともに飛んだ時の達成感は本当に感動ものなので、ゲームをプレイする際はぜひ挑戦してみてください。 ライト兄弟の気分を味わえます(*’ω’*)

ミッションクリア型でゲームに「目標」を求める方にもオススメ

一応ながら簡単な目標としてミッションが用意されているのも個人的には良い点でした

本作にはミッションという要素があり、フィールド各所に点在する交易所で受注することができます。

ミッションは主人公が取引している、各会社の依頼、という事になっており、各会社ごとにミッションの傾向が異なり、「敵の撃破」や「資源の採取」など、様々な内容が用意されています。

依頼をこなすと、その会社との取引レベルが上がり、その会社からより優秀なパーツを購入できるようになったりしますので、基本的にはこのミッションのクリアを目指してゲームを進めていくのが基本になります。

私は「マイクラ」など”目標無しの自由度が高すぎるゲーム”が苦手なので、簡単でもこういった目標が用意されているのは非常に良い点でした。

プレイして気になった点

ここまで「テラテック」の良いところを紹介してきましたが、逆にプレイしてちょっと気になったところや、不便に感じたところなども簡単に紹介していきます。

フィールドに「交易所」以外の施設が無い

テラテック
フィールドは広大なものの町やダンジョンなどは存在しない

テラテックはオープンワールド形式で、広大なフィールドを自身の作ったテックで動きまわれる、というのが売りのゲームです。

しかしそのフィールドには、パーツの購入・ミッションの受注ができる「交易所」以外の施設が存在せず、あとは採取できる資源と敵くらいしか存在しません。

資源もレアなものがあったり、出現する敵は形状や性能が異なったりしますが、長くやっていると、フィールド探索も、あまりする必要がなくなり、オープンワールド、と聞いて想像するような広大な冒険感はないかもしれません。

クラフト周りの制限がそれなりに存在する

多種多様なパーツによる自由度の高いクラフト要素が本作の売りなのですが、そのクラフトも制限なしで何でもできる、という訳ではなく、サイズやコスト制限など、いくらか制限があります。

特にコスト制限の方は自分がフィールド上に設置できるブロック数制限のことで、自機以外の味方テックや、工場などの設置物も含まれるため、調子に乗って設置してるとすぐコストオーバーでモノがおけなくなってしまいます。

とはいえ、自機に関してはコスト内でそれなりのものが作れますので、PVのような強力な僚機や大型の工場とかはいらないよ、という方はあまり気にならないと思います。

施設・設備のチュートリアルが不十分で分かりにくいものがある

中盤辺りに追加される設備などの中にはチュートリアルが不十分なものがいくつかあります。

序盤に登場するパーツ類は割と親切めなチュートリアルが表示されるのですが、その後ゲームが進むと説明なしで新たな機能を持ったパーツなどが追加されることがあり、とりあえずつけてみたものの起動の仕方さえ分からない、というようなものも存在します。

資源周りの保管が面倒くさい

本作には木材や鉱石などの資源採集要素があるのですがこの資源、そのまま保管することができず、装置を使って精製し、ブロック化する必要があり、若干面倒くさいです。

資源はパーツの製造で使用するため、ある程度備蓄しておきたいものなので、もう少し簡単にほかんさせてほしかったですね。

ミッション内容はやや単調

キャンペーンモードはミッションを達成していくことが目標の一つになるのですが、このミッションの内容が「敵を倒す」「指定のコースを回る」「資源を回収する」と、種類が少なく、やや単調で、人によっては飽きやすいかもしれません。

オープンワールド、と聞いて想像するような一本の大きなストーリーや膨大なサブクエスト、というようなものはありませんので、そういうものを求めている方には向かないかもしれません。

テラテック まとめ

テラテック
慣れればふわふわ浮遊しながらミサイル打ちまくるUFOまで作れちゃいます

という訳で今回はニンテンドースイッチで配信が開始された「テラテック」について、紹介させていただきました。

私も先日購入して以降、時間を忘れるレベルでプレイして、あーだこーだ失敗しながらプレイしています。 とにかく様々なブロックやパーツを組み合わせて最適なバランスを考えていくのが楽しく、昔遊んだレゴブロックを思い出させるものがありました。

最初はショボい車から始まり、運搬車を作り、戦車を作り、飛行機を作り、UFOを作り・・・どんどん創作意欲がわいてくる最高のクラフト・オープンワールド、それが「テラテック」です。

オープンワールドとしては確かに少し物足りないところはあるかもしれませんが、その分クラフト要素が楽しく、ハマれる人はこれだけで何時間も遊べちゃいますし、これで2,000円ちょいならもう破格と言っていいと思いますね。

気になった方は是非、公式サイトなどをチェックして、プレイしてみてください(/・ω・)/

【改めてゲーム概要】

ゲーム名テラテック
ゲームジャンルクラフト系オープンワールド探索ゲーム
メーカーテヨンジャパン
価格2,200円(税込)
swich版配信日2021年4月28日
公式ページhttps://store-jp.nintendo.com/list/software/70010000025269.html

画像引用:https://store-jp.nintendo.com/list/software/70010000025269.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました