【神ゲー?】(新)世紀のバカゲー「名探偵エヴァ」のゲーム実況が色々凄い【月ノ美兎】

スポンサーリンク
おすすめ動画

開幕10秒でこれ・・・えぇ・・・

はじめに

起立、気を付け、こんにちは、翔と申します。

突然ですが皆様は「名探偵」と名の付く作品と言ったら、どんな作品を思い浮かべますか?

・・・「名探偵コナン」、はいはいやっぱりでますよね。

・・・「名探偵ホームズ」、うんうん、昔アニメもやってましたよね。

・・・「名探偵シャーロック・ホームズ」、えぇえぇやっぱり世界的有名作品ですよね。

流石普段から色々な作品に触れている皆様ですね。様々な「名探偵作品」を知っておられますね。

・・・では「名探偵エヴァンゲリオン」という作品はご存じでしょうか?

恐らくですが多くの方が「破?」とか「Q?」とか頭に浮かんだと思いますが、実際にあるんです。そんなおふざけで作ったとしか思えないようなタイトルのゲームが。

名探偵エヴァンゲリオン 通常版

・・・ハイ(´-ω-`)

パッと見のパッケ絵は普通に見えますがタイトルロゴをよく見ると・・・「新世紀」ではなく「名探偵」の文字が・・・さらに右下にある「暴力シーンやグロテスクな表現が含まれています」の警告が笑いを誘います。

本作がどんなゲームかを簡単に説明すると「ほぼエヴァのような世界観で第3新東京市に突如現れた殺人鬼”死徒”に対処するためネルフ特別捜査官となった碇シンジを操作して事件の解決に臨む」という内容となっています。 ・・・自分で言っててよく分からんくなってきた(*’ω’*) ちなみに”死徒”というのは誤変換ではなくこの世界で現れる謎の敵性存在のことらしいです。

こちらが”死徒”さんです。 ・・・はい

さて、前置きが長くなってしまいましたが、今回はこの世紀の・・・いや新世紀のバカゲー「名探偵エヴァンゲリオン」をVtuber「月ノ美兎」さんが実況したゲーム実況動画「エヴァ公式ゲームのk…バカゲーを実況【名探偵エヴァンゲリオン】」を紹介したいと思います。

月ノ美兎さんは大手Vtuber事務所「にじさんじ」所属の人気Vtuberで、2018年からyoutubeで活動を開始、2021年7月現在、チャンネル登録者75万人越えの人気ベテランVtuberです。

キレのある冷静で的確なツッコミが持ち味のみ美兎さんと”バカゲー”の相性はとても良く、次々繰り出されるゲーム側のツッコミどころ満載のボケに小気味良く、的確にツッコんでいってくれるので動画として非常に面白く、たぶん自分でプレイするよりも楽しめると思います。

という訳で動画の方を紹介して行きます。

動画冒頭をちょっと紹介

動画の冒頭部分をちょっとだけ紹介したいと思います。

「そういうのいいから・・・( ゚Д゚)」という方は次の目次の本編動画までスクロールしてください。


電源を入れ、NEW GAMEを選択すると画面が白転。メッセージウインドウに「父さん・・・父さん・・父さん・・・」というセリフが表示されます。 あぁ、シンジの記憶とか回想とかそんな感じか・・・

はい、おなじみのマダオ父さんです。原作では言わずもがなの重要人物でパラレルとはいえ本作でも非常に重要な立ち位置だと思われます。

!?

!!?

夢かよッ!? いや夢で良かったよッ!? 夢とはいえ「エヴァ」で開幕10秒でゲンドウ退場は面白すぎるだろ(;’∀’) しかしなんて夢を見るんだシンジ君・・・

開幕ショッキングな夢オチで始まりましたが、直後にゲームのタイトル画面と、おなじみのOP「残酷な天使のテーゼ」が流れます。 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 813-エヴァ公式ゲームのk…バカゲーを実況【名探偵エヴァンゲリオン】-YouTube-Google-Chrome-2021_07_11-14_40_39-1024x529.jpg

でもなぜか2番です。

出だしはちゃんとアニメと同じ感じでゆっくり入っていくところから始まるのですが、その後に続く歌詞は何故か2番です。 これには委員長も「あっ2番から・・・なんで2番からなんだろう、ちょっと分かんないですけど・・・」と困惑。 マジでなんでなんだ・・・?

その後委員長が名探偵エヴァの世界観について軽く紹介してくれいよいよゲームがスタート。

ゲームが始まると主要登場人物の一人「葛城ミサト」さんがシンジ君を探しているシーンから始まります。 PS2時代なので3Dグラフィックに関しては若干あれですね。 委員長も「3Dのミサトさんですね。けっこうwwポリゴン数少なそうですがw」と率直な感想を述べています

一方別の場所でシンジは死徒が警察を襲っているシーンに遭遇。 死徒はシンジ君にも襲い掛かり絶体絶命の窮地に・・・しかしそこで通りすがりの綾波さんがシンジ君をかばい死徒に組み付かれてしまいます。

何なんだこの図・・・

死徒の触手攻撃によって綾波さんも大ピンチに。 原作取り”私が守るもの”されて「逃げて・・・」などと言われましたが、男シンジ、この状況で綾波さんを見捨てて逃げられるわけがありません。

!?

・・・はい、本作なんと

3Dアクションパートがしょっちゅうあります。

突如始まる綾波さんを襲う”死徒”との戦闘はシンジ君を操作し死徒と直接対決する3Dアクションで行う事となります。 しかし警官を多数殺害し原作通り通常兵器の通用しない死徒さんを相手に普通の中学生のシンジ君が敵う訳が・・・

!?

男シンジ、14歳、抵抗します、足で。

シンジ君渾身のローキックが死徒の向う脛を的確にえぐっていきます。その後シンジ君自身は「効いてない!?」などと発言しますが、パッと見ヒットするたびに怯んで体勢を崩していて、明らかに効いているようにしか見えません(;’∀’)

このあまりにも予想の斜め上を行くゲーム展開に流石の委員長も苦笑い。 しかしその後攻撃を加えても死徒を倒すことはできず、綾波とともに追い詰められてしまいます。 すると・・・

突如現れたミサトさんの車が猛スピードで死徒に突撃。普通に轢くというまさかの方法で死徒を撃退します。 かなりのスピードで突っ込みますがミサトさんは何事もなく「ごめん、おまたせ」と原作通りのセリフをぶちかまし、その後逃走した死徒を元気に追いかけていきます。 流石低ポリゴン、頑丈ですね。

その後なんやかんやあって”死徒”の嫌疑をかけられた綾波さんを救うためにシンジ君が捜査官として死徒の仕業と思われる事件を捜査、綾波の嫌疑を晴らし事件を解決する、というのがゲームの流れとなります。

ここまででも十分に「これエヴァである必要あるのか?」感満載でしたが、ここから先もここまで以上に「エヴァらしさって何なんだろう・・・?」みたいな感覚に陥るような展開がメジロ押しとなりますので、気になる方はそれなりの覚悟をしてご覧になってください(今更)

そして最後に一言、本作の綾波さんなんですが・・・

コレジャナイ感凄いっスね

動画:「エヴァ公式ゲームのk…バカゲーを実況【名探偵エヴァンゲリオン】」

このサムネである

動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=pT4cXdzAxxU&t=1725s

コメント

タイトルとURLをコピーしました