【ゆうえんち夢物語】「維持費」に注意!資金難脱出・コストダウンの5つのコツ【序盤おすすめ攻略】

スポンサーリンク
カイロソフト
この記事は約8分で読めます。

アトラクション一つ一つのコストカットがパーク全体の資金難解消への第一歩です。

はじめに

皆様こんにちは、翔と申します。

皆様はもうカイロさんの新作「ゆうえんち夢物語」はプレイされましたか? 私は先日購入し、先ほど無事エンディングを迎えることができました(*’ω’*) まぁ、カイロさんのゲームはお手軽さ重視で優しめに作られていますのでゲームオーバーになるようなことはまずないですが。

それでも今作の中盤辺りは結構資金的に厳しい局面が多く、中々アトラクションを増やせない、なんて状況が発生しました。 その後色々確認してみたところあるポイントが非常に重要であることに気が付きました。

それが「維持費」です。

今作は施設ごとに維持費が設定されていて、その合計値が毎シーズンごとに引かれるのですがこの数値が馬鹿にならず、調子に乗ってアトラクションや施設を建てまくっているとこの維持費が膨れ上がり最悪ゲームオーバーもあるかと思います。 私も中盤全く資金が増えず、赤字になったりしたこともありました。

今回はそんな維持費を削減・資金難を脱出するための簡単なコツをいくつか紹介したいと思いますので、これから始める方や始めたての方、そして私と同じように中盤で資金難に悩んでいる方は是非最後まで見ていってください(/・ω・)/

「ゆうえんち夢物語」関連記事

【コツ1】 アトラクション・施設をむやみに建てすぎない

中には非常に高い維持費のアトラクションも存在します。

むやみに建てすぎると赤字転落も・・・

コツの1つ目は「アトラクション・施設をむやみに建てすぎないこと」です。

アトラクションやその他設備には維持費が設定されており、毎シーズンごとに一定のタイミングで園内施設・キャストの給料の合計値が「パークの維持費」として引かれます。

今作の建築物は初期の維持費が結構高く、「新しいの建てれる、やったー(^^♪」とむやみやたらと建てているとこの維持費が膨れ上がり結果資金難になったりします。

序盤はアトラクションが少ないのである程度建てれるものを建てていって問題ないですが、選択肢が増えてくる中盤はある程度考えて建てないと維持費が膨らみ赤字に・・・なんてことになるかもしれません。

「劇場」など維持費の高い建物は特に注意

特に中盤に建てられるようになる「劇場」などのアトラクションは維持費が特に高く、何も考えずにすぐ建てるのはオススメできません。 すぐ建てたい気持ちは分かりますが(-_-;)

これらの施設は維持費がかなり高額でしかもロック解除に掛かるポイント消費もそれなりに高く、ゲストが少ない状態では効果もあんまり・・・と中盤ではかなりコスパの悪い施設となっています。

維持費に関しては建てる前に建設画面左下の詳細ボタンで確認できますので、維持費の高すぎる建物は後回しにしておきましょう。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Screenshot_20210702-105134-1024x512.png

アトラクション以外の店舗などにも維持費が設定されています。 建てすぎに注意しましょう。

【コツ2】 アトラクションをむやみにレベルアップさせない

レベルアップすると維持費も一緒に上がります。

レベルアップすると「維持費」もアップ

コツの2つ目は「アトラクションのレベルをむやみに上げすぎないこと」です。

アトラクションは「研究」を一定回数行うとレベルが上がり、人気やチケット代、そして維持費が上昇します。 ゲストがたくさん来てくれるのなら問題ありませんが、中盤くらいの100人ちょっと位の来園者数だとむやみにレベルアップしすぎた場合、維持費の方が高くついてしまう場合もあります。

レベルアップするなら「コストダウンの術」解放まで一気に

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Screenshot_20210703-194424-1024x512.jpg

レベルアップするならばLv2程度まで留めておくか、ポイントに余裕を持たせて後述する「コストダウンの術」が解放されるLv3~4まで一気に上げてしまうのがオススメです。

どのレベルで解放されるかはアトラクションによって異なることがありますので、上のアイコンを目安にレベルいくつで解放されるかを確認しておきましょう。

「コストダウンの術」はアトラクションの維持費を大幅にカットしてくれる、非常にありがたいスキルで、☆1で30%、☆2で50%もの維持費をカットしてくれます。

逆にこの「コストダウンの術」を取らない・取れない、中途半端なレベル上げをしてしまうと大幅な維持費の上昇に苦しめられることになってしまうかもしれませんので、レベルは上げないなら上げない、上げる時は一気に上げるようにしましょう。

【コツ3】 お店の商品を充実させすぎない

お店の建てすぎ・入れすぎに注意

コツの3つ目は「お店など、商品を置ける設備の商品を充実させすぎないこと」です。

「え、商品は多ければ多いほどいいんじゃ・・・」と思われるかもしれませんし、お客さんが多く来るようになってくれば実際その通りなのですが、上の画像を見ていただければわかる通り、商品1個の時と3枠商品が埋まった状態とではお店の維持費が大きく変わってきます。3倍くらいになってますね。

ゲストが多く来るようならともかく、序盤から中盤くらいまでのゲストが日に100人来ないような状態では、維持費の方が高くつくような状態になります。 パーク内に複数、商品満載店舗を設置するとそれだけでとんでもない維持費になっている可能性もあります。

序盤から中盤は1~2枠に留めておくのがオススメ

という訳で1日のゲストが100人行かないくらいまではお店1つに置く商品は1つか2つに留めておくのがオススメです。 また店舗数もお店1種につき1,2個にしておきましょう。

その後来園するゲストが増えてきたら、少しずつ店舗を増やしたり、商品を拡充したりしていきましょう。 また、在庫数の少なさが気になったら、お店の詳細からアイテム「在庫アップ」を利用して在庫をアップしましょう。この場合は維持費も上がらずオススメです。

【コツ4】 「ショップ維持費ダウン」を使用する

「店舗が少ないと不安・・・」と感じる場合はショップ強化アイテムを使用して店舗をパワーアップしましょう。 これらの強化では維持費はアップしません。

特に中盤以降で手に入る「ショップ維持費ダウン」はショップの「維持費」を微量ですがカットしてくれますので、複数使えばかなりのコストカットを行うことができます。 また、同じショップ全てに効果が発生するので、後に同じショップを複数建てる場合でも腐ることはありません。

上で書いた通り、店舗系設備の維持費も馬鹿になりませんのでこういったアイテムも活用してガンガンコストカットしていきましょう。

【コツ5】 研究でスキル「コストダウンの術」を習得する

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Screenshot_20210703-194424-1024x512.jpg

「コストダウンの術」の力で維持費が30%もカットされます。

維持費カットの最重要ポイント

コツのラストにして最も重要なポイントがこの「コストダウンの術」です。

このコストダウンの術はアトラクションの「研究」によって習得できるスペシャルスキルのひとつで、「アトラクションの維持費をダウンさせる効果」があります。 星の数によって効果がアップし、☆1なら30%、☆2なら50%と非常に強力なコストダウン効果を生み出します。

また、ほとんどのアトラクションに研究レベル3,4での解放スキルとして、この「コストダウンの術」が設定されていますので、アトラクションを設置したら、とりあえず、このコストダウンの術が解放されるところまでレベルアップできるようポイントを貯めておきましょう。

ちなみにコストダウンの術の取得には「青」と「緑」のポイントが必要になります。 特に「緑」のポイントは多めに必要になるうえ貯まりにくいので、無駄遣いしないように気を付けましょう。

【まとめ】維持費カットは資金難脱出の重要ポイント

維持費をカットすれば資金もどんどん貯まり、より施設やアトラクションを充実させることができます。 

という訳で今回は「ゆうえんち夢物語」の「維持費」について書かせていただきました 内容について改めてまとめてみます

【維持費カットのコツ】

  1. アトラクションをむやみに建てない
  2. アトラクションのむやみなレベルアップに注意
  3. 店舗の建てすぎ・商品の置きすぎに注意
  4. 店舗強化アイテムを活用しよう
  5. 「コストダウンの術」を活用しよう

特に「コストダウンの術」による維持費削減効果は非常に大きいので、既存のアトラクションで半端なレベルで放置したりしているものがあったら、必ず「コストダウンの術」が取得できるレベルまで上げて、取得するようにしましょう。

また、「大型トイレ」や「乗り物コーナー」など、ちょっとアトラクションぽく無いものにも「コストダウンの術」が取得できるものがありますので、忘れずにチェックしておきましょう。 大型トイレ、維持費高いんですよね・・・

今回のコツを意識して運営していけば維持費を大きくカットし、結果資金も少しずつですが増えていくはずです。 収入を増やすことも重要ですが、来園者が少ない序盤から中盤にそれはちょっと難しいので、まずはコストダウンの方向で考えてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました