ダンガンロンパ3作品+αがセットになったトリロジーパックが11月4日に発売決定!おすすめポイントも紹介

スポンサーリンク
ゲーム
この記事は約6分で読めます。

2010年にPSvitaで第1作目が発売されて以来、絶大な人気を獲得していた人気推理ADV「ダンガンロンパ」シリーズのナンバリング3作品とおまけのミニゲームがお得なセットになった「ダンガンロンパ トリロジーパック」のニンテンドースイッチ版が2021年11月4日に発売決定しました。 価格は4980円(税込)です。

また、本作の発売に並行して本パックに含まれる各作品の個別でのダウンロード販売も行われますので、「1だけやりたい」という方は個別で購入しましょう

ちなみにPS storeでは既に同ソフト・パックは発売中となっています

ダンガンロンパってどんなゲーム?

ソース画像を表示
ソース画像を表示

「ダンガンロンパ」は閉鎖空間に閉じ込められた高校生たちが「脱出したければ他の生徒を殺害し、その後の裁判で犯人とばれないように切り抜けること」というルールのもと、命懸けのデスゲームに挑む、というストーリーの推理ADVです。

個性豊かすぎるデスゲーム参加者たちや次に誰が消えることになるか分からないドキドキの展開、そして主人公たちがデスゲームに参加することになった経緯とデスゲームを取り仕切る謎のぬいぐるみ・モノクマの謎・・・

次々起こる殺人事件の謎を推理で解き明かし、最終的にデスゲームを支配する黒幕の謎と正体に迫っていく、スペクタクルなストーリーが本作最大の魅力となっています。

ソース画像を表示
殺人発生後は「裁判」パートに移行。 議論で殺人の真相を明らかにしていきます。

トリロジーパックの収録内容

ソース画像を表示
既プレイ僕「何のゲームだこれ・・・」

【収録ゲーム内容】

  • 『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 Anniversary Edition』
  • 『スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園 Anniversary Edition』
  • 『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 Anniversary Edition』
  • 『ハッピーダンガンロンパS 超高校級の南国サイコロ合宿』

個別でダウンロードする場合はナンバリング3作品が各1,782円(税込)、「ハッピーダンガンロンパ」が2,000円(税込)となっています。

個人的おすすめポイント

ソース画像を表示

個人的に「ダンガンロンパ」シリーズはとても好きなゲームシリーズで、もう一度記憶を消して遊びたいゲームのひとつですね。

その魅力を3つ挙げると以下のようになります。

【個人的ダンガンロンパの魅力3選】

  • 終盤に一気に明らかになっていく謎に満ちたメインストーリー
  • 次に誰が消えるか、最終的に誰が生き残るか分からないドキドキの展開
  • 「ノンストップ議論」を始めとした特徴的な議論パートのゲームシステム

①メインストーリーが面白い

学園を支配する謎の存在・モノクマ。 その正体についても終盤驚愕の事実が明らかになります。

まず、「アドベンチャーゲーム」最大のポイントであるメインストーリーの面白さが挙げられます。

「ダンガンロンパ」では毎回シリーズごとに細かい違いはありますが、「超高級の才能を持った高校生たちが特殊な学園に閉じ込められ、そこからの脱出のためコロシアイを強要される」という本筋は変わりません。

そこで何故主人公たちは、そんな状況に陥ることになったのか。 何故黒幕は生徒たちにコロシアイを強いるのか。 そして、デスゲームの舞台である学園の謎と、学園長を名乗る「モノクマ」の正体とは・・・

そういった多くの謎を解くためのカギがゲームの進行とともに少しずつ小出しにされ、最終的に「そういう事だったのかっ―!!」と叫びたくなるほどの終盤での伏線回収の見事さは「これぞミステリー作品の醍醐味」と言えますね。

②次に誰が死ぬか分からないドキドキ展開

ソース画像を表示
3作目「V3」のデスゲーム参加者 本当に誰が次に消えるか予想もつきませんでした・・・

デスゲーム作品特有の「次に誰が死ぬか分からないドキドキ感」も「ダンガンロンパ」の魅力のひとつです。

「ダンガンロンパ」はデスゲームという性質上、最初は15人ほどいる登場人物が次々と死んでいきます。 また、殺される”被害者”と同時に殺す側の”犯人”も犯行がばれると処刑されるルールのため消されることとなり、事件一回につき2人以上同時に消えていきます。

その”消える”キャラクターのチョイスがまた秀逸で、「え、こんな序盤でこの子死ぬの!?」とか「え、こいつが最後まで生き残るの!?」といった驚きが最初から最後までたっぷり味わえます。

詳細は伏せますが「1」の1・4章、「2」の1章、「V3」の1章で”消える”キャラに関しては特に驚くことになると思いますので、是非ご自身で確かめてみてください。 初プレイ時度肝抜かれましたね・・・

③議論パートが面白い

ソース画像を表示
ダンガンロンパのメインシステム「ノンストップ議論」 スタイリッシュなデザインがほんとに良いです。

推理パートのゲーム性が面白く、「推理ADV」としてもとても楽しくプレイできます。

本作には事件発生後のゲームパートとして証拠を集める「探索パート」と実際にその証拠を使って事件を解き明かす「議論パート」の2つのパートがあります。 証拠を集めつつ事件を推理していく探索パートも面白いですが、やはり花形は事件の真相を暴く「議論パート」ですね。

「議論パート」ではノンストップで進行する参加者たちの議論の中から”矛盾”を見つけ、その発言に矛盾する証拠を突きつけ「論破」することで、議論を正しい方向に導くゲームシステム「ノンストップ議論」を行っていきます。

「ノンストップ議論」中は参加者たちの発言が文字として画面に浮かび上がり、指摘候補となる発言のみ黄色い文字として強調されます。 この黄色い文字に正解の証拠品をぶつけることで「論破」となり、次の議論に進むことができます。

このシステムが非常に楽しく、発言と証拠品を照らし合わせていく推理ADVの楽しさと、ノンストップで進行する議論の緊張感を同時に味わうことができます。 早送り・一時停止(制限あり)もありますので、プレイ感も非常に快適です。

更にゲームが進むと、参加者が提案する様々な可能性の中から正解の選択肢を選ぶ「同意」や他の生徒の発言をコピーしてその発言を証拠として他の発言にぶつける「コトダマコピー」、さらには嘘の発言で議論を切り抜ける「偽証」など、様々な要素が追加され、後半になってくるとより複雑で奥深い推理ゲームが楽しめるようになってきます。

青文字の発言には「同意」を行うことができます。
時には”嘘”で状況を切り抜ける必要もあります。

またノンストップ議論以外にも議論で反論してきた相手を切り伏せる「反論ショーダウン」や真っ二つに割れたみんなの意見を一つにまとめて、議論全体の方向性を決める「議論スクラム」、議論終盤に事件の全体的な流れを漫画形式でおさらいする「クライマックス推理」など、多彩なゲームシステムが用意されており、他の推理ゲームと比較してもゲーム性の多彩さ、という面では類を見ない作品だと思います。

ソース画像を表示
議論中突然誰かに反論されることもあります。 このいきなり割ってくる感じも議論感があって良いですね。

ダンガンロンパ トリロジーパック ゲーム概要

  • タイトル
    • ダンガンロンパ トリロジーパック+
      ハッピーダンガンロンパS 超高校級の南国サイコロ合宿
  • 対応機種
    • Nintendo Switch™
  • ジャンル
    • ハイスピード推理アクション/希望育成ボードゲーム
  • 発売日
    • 2021年11月4日予定
  • 希望小売価格
    • 4,980円+税/パッケージ版
  • プレイ人数
    • 1人
  • CERO
    • D(17歳以上対象)

コメント

タイトルとURLをコピーしました