ホロライブEN2期生は1期生に劣らぬ個性派集団! 全員のデビュー配信まとめ動画がおすすめ

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

大手Vtuber事務所「ホロライブ」の英語圏向けコンテンツ「ホロライブEN」の2期生にあたる「ホロライブ”議会”」のメンバー5人が2021年8月22日にデビュー。 同日に一斉にデビュー配信を行いました。 

「議会」のメンバーは比較的おとなし目な印象のEN一期生に比べてデザイン・設定共にかなりぶっ飛んだキャラが多く、刺さる人にはかなり刺さる強力なキャラクターが多い印象ですね。 デビュー1週間足らずですでにチャンネル登録20万人越えのメンバーも出ており、これからもぐんぐん伸びていくことが容易に想像できます。

そんな彼女らのデビュー配信を、5人分まとめて15分で確認できるまとめ動画がありますので、時間が無くてなかなか追えない、という方は是非見てみてください。

ホロライブEN「議会」デビュー配信まとめ動画

こちらがホロライブ翻訳切り抜き忍者様投稿の「15分でわかる!ホロEN新メンバー「議会」デビュー配信全員分まとめ」です。

ホロライブEN2期生の「議会」メンバーのデビュー配信動画を簡単に15分にまとめ、さらに日本語の字幕までつけてくれていますので非常に見やすく、わかり易い動画となっております。

メンバーの雰囲気やキャラ設定などをパッと知ることができますので、忙しくて時間の取れない方には特におすすめです。

ホロライブEN「議会」メンバー紹介

九十九佐命/つくもさな

「議会」の一角であり、神々より作られし最初の概念「空間」の代弁者にあたる。

現世に顕現してからとある理由で占星術を研究しはじめ、神秘の禁忌に無自覚に触れてしまい、「古き神」の使徒に。

「空間」とは、宇宙だけでなく、次元、物理などの概念を指す。それは果て無き概念であり、いまだ永遠に成長している概念である。未解明のことも多いため、その権現である彼女は一件意味不明なことばかりをしたり、話したりするが、本人曰く「それは人類の理解にはまだ早いだけである。」また彼女の見た目と違ってまだ……こど、、、若い

セレス・ファウナ

「議会」の一角であり、神々より作られし二番目の概念「自然」の番人にあたる。

彼女は自然を守るべく「ドルイド」として顕現した。彼女には麒麟の血が流れており、従えてもいる。その角はとある樹の枝そのものであり、決して鹿の類ではない。

「自然」とは、星の人類以外全ての有機物を指す。母なる自然である彼女の囁きには癒し効果があると語り伝えられている。その真偽は体験した者のみぞ知る。しかし、母なる自然である彼女は普段とても穏やかで少しおちゃめなところもあるが、、彼女に逆らうものは自然の恐ろしさを知ることになるのであろう

オーロ・クロニー

「議会」の一角であり、神々より作られし三番目の概念「時間」の典獄にあたる。

在り方が人間によって一番歪められた概念である。刃を取り始めたのは無意識な行動ではあるが、本人もきっと喜んで動いている。「時間」から逃れられる人間はいない、ほとんど人間もまた彼女の牢獄からの解放を望まない。

本来「時間」という概念の役割は歯車として、他の概念と連携を取るための存在であった。 ただある日、人間は日の出や日没に意味を与え、その発想は「時間」に刻まれた。それ以来「時間」は人間のみにしか認識できない概念となり、それを紡いだ罪として「時間」に囚われ始めた。然る後、彼女は生ある者を時の牢獄に捉えるためだけに動く獄吏と化した。無口でクールな性格は昔から変わってないが、今の彼女は加虐を嗜むようなプライド高き典獄である

七詩ムメイ/ななしむめい

「議会」の一角であり、人類の祟りより生まれし概念「文明」の守護者にあたる。

彼女は非常に博識で、旅を好む熟練な旅人である。だが目の当たりにしたもの、伝え聞いたもの、身で体験したものがあまりにも多く、彼女自分自身の名前でさえ忘れ去られてしまった。彼女は他の議員とは異色な存在、人間の誕生や存在証明であり、それこそが他の生命体や概念との差である。

「文明」とは、知恵を乞った生命体、人間が作りだしたものであり、人類が築き上げたものを指す。彼女自分は「神々」に作られた概念ではないがため、自ら今の姿を選び、人類が考えた賢明の代表動物である梟を見た目に取り組んでいる。彼女はとても優しく、賢い努力家。不思議ながら不憫で可憐な雰囲気が漂っている。

ーー長い年月の旅を一人でしていると彼女は多少寂しく感じていたそうだ。だから彼女は「文明」の中でも、人間にとっても役割がかなり重要な紙を選んで友達を作った。「ボロボロになっていても友達は友達・・・。」

ハコス・ベールズ

「議会」の一角であり、世界より作られし概念「カオス」そのものにあたる。

神々に命じられ、「議会」の議長をやっている。基本は放任主義である。議長を一任されたことに彼女も含めて誰一人納得してない。だが任命されたからには従うのみ。見た目がネズミだからと言って侮ってはいけない、何故ならばネズミは「カオス」の前触れだ。

「カオス」とは混沌、運気もまたは自由の類である。彼女は爛漫と輝く笑顔の持ち主であり、縛られることはなく、気のままに走り回る永久機関。彼女は世界はルールだけでは成り立たないと彼女は思っている、ゆえに彼女は世の理を全てがぶっ壊しにきた。混乱を見るのが最大の愉しみだからと、ほとんどの場合は手を出さない

Ⓒ 2016 COVER Corp.

固定ページ

投稿一覧

カテゴリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました