【ウマ娘】育成シナリオ「アオハル杯」でのザックリ攻略ポイントまとめ5選

スポンサーリンク
ウマ娘
この記事は約13分で読めます。

育成シナリオ「アオハル杯」における育成の簡単なポイントを5つほど紹介していきたいと思います。

これらのポイントを意識してプレイすればより安定して育成をこなせるようになり、強いウマ娘の育成に大いに役立つと思いますので、是非最後までチェックしてみてください。

 

【1】トレーニングは基本的には「アオハル特訓」を優先しよう

umamusume

「アオハル杯」での基本的なトレーニング方針をザックリ解説していきます。

トレーニングでは「アオハル特訓」を優先的に踏んでいく

「アオハル杯」でのトレーニングでは上矢印のアイコンが付いた「アオハル特訓」を優先して踏んでいくのがオススメです。 理由はいくつかありますが簡単にまとめると以下のようになります。

「アオハル特訓」優先の理由
  • チームメンバーの能力が強化
    • →アオハル杯で勝ちやすくなる
  • メンバーが強くなりチーム評価が上がる
    • トレーニングレベルが上がる
  • 「アオハル爆発」を発生させやすくなる
    • →自分のステアップやメンバーの能力大幅アップ

「アオハル杯」では半年ごとのチーム戦に勝つことで各ボーナスがもらえるなど、育成に大きな恩恵を受けることができます。 なので当然よりランク上位に行けるよう勝利を目指すわけなのですが、そのためにもっとも重要な要素がこの「アオハル特訓」になります。

また、「アオハル杯」の育成シナリオではトレーニングレベルアップの条件が旧シナリオとは異なります。 それゆえ練習回数はトレーニングレベルアップに影響しないので根性練習などに「アオハル特訓」が固まった場合でも優先して踏みに行くのがオススメです。

ただし3年目辺りはステータス優先

ただしトレーニングレベルがある程度上がり、友情トレーニングの効果も大きくなる3年目辺りの段階では無理にアオハル特訓を狙うよりも自分のウマ娘のステータスアップのため友情トレーニングなどを優先するのがオススメです。

最終的には「アオハル杯優勝」よりも自分が強くなるのが目的ですからね。

umamusume

次に「アオハル杯」での最重要ポイントのひとつ、「アオハル魂爆発」についてです。

「アオハル魂爆発」は特定の条件で発動する特殊イベントで発動すると様々な恩恵があるので積極的に狙っていきましょう。 主なポイントは以下の通りです。

「アオハル魂爆発」のポイント
  • 発動すると自分のウマ娘、発動したチームメンバーのステータスが大幅アップ
  • 発動にはアオハル絆ゲージを満タンにする必要がある
  • ゲージを満タンにした状態で上矢印アイコンが付いたメンバーと一緒に練習すると発動
  • 発動はメンバー1人につき1回のみ

発動するとチームメンバーが大幅パワーアップ

この画像には alt 属性が指定されていません
この画像には alt 属性が指定されていません

左がアオハル爆発前、右が爆発後のステータス。

各ステータスが一気に100近く大幅にアップしているのが分かると思います。

「アオハル魂爆発」の一番大きなポイントは”発動したメンバーのステータスが大幅にアップする”という点です。 上の画像では発動前後で100近く差が出てるのが分かると思います。

メンバーが強くなれば「アオハル杯」での戦いで勝ちやすくなるのはもちろん「チームステータス」の向上にも一役買い、「練習レベル」を手早く上げることもできますので早い段階で爆発させまくることができればより高い練習効率でステータスを上げることができるようになる、ということになりますね

それと爆発時には通常のステータスアップに加え上の青い炎のようなアイコンの中の数値分追加でステータスが上昇します(だいたい15前後)。 

発動条件・発動は1人1回のみ

アオハル魂爆発を発生させるにはアオハル特訓を行うと貯まる「アオハル絆ゲージ」を満タンにした状態でさらに専用の発動アイコンが表示されているメンバーと一緒に練習することで発生させることができます。(ただ貯まっているだけでは発動しないので注意) 絆ゲージは同じキャラと4回アオハル特訓を重ねることでMAXまで貯まります。

アオハル魂爆発は1メンバーにつき1回のみで、1度発動するとそのキャラのアオハル絆ゲージは消滅し、その育成ではもう発生させることはできなくなります。

どの練習で発動させるかも重要

「アオハル魂爆発」で自身に加算されるステータスは”どの練習にいる時に爆発させるか”で決まります。 なのでどのステータスを盛りたいか、という観点で爆発のタイミングを考えるのがオススメです。

例えば「スピード」練習では”スピード・パワー”の2つのステータスがアップしますがこのスピード練習でアオハル魂爆発を起こすとその2つのステータスにそれぞれボーナスが入ります。(下の画像では通常のステアップに加えスピードに+18、パワーに+8のボーナスが入っています)

なので「スタミナをもう少し盛りたいなぁ・・・」という時にはスタミナ練習で爆発を起こすなど、工夫すれば足りないステータスを補ったりすることもできるので、不要なステータスの時や狙ったステータス以外の時は爆発を見送ることもひとつの手です。

ただしあまり先送りにしすぎると前述の「チームステータスの強化」が遅れてしまいますのでその辺りのことを考えて判断するようにしましょう。

【3】「アオハル杯」でのレースで覚えておきたいポイント

次に「アオハル杯」で戦う5回のレースで少しでも勝率を上げるために覚えておきたいポイントを紹介します。 正直そのレースまでの育成具合で8割方決まってしまいますが、編成などをいじることによって格上相手にも勝てることもありますのでしっかり頭に入れておきましょう。

レースで覚えておきたいポイント
  • 編成は一応自分で確認しておく
  • エース枠のウマ娘は必ず調子が「好調」以上になる
  • 対戦相手は基本的には一番上を選ぶ
  • 予想で◎が2個以下なら1個格下を選ぶのも手

編成は一応自分で1回確認しておくのがオススメ

「アオハル杯」でのチーム編成はほとんどの方が”自動”にしていると思いますが、一応対戦前に自分で一度確認しておいた方がいいと思います。 

というのも自動編成は結構適当なことも多く適性が全然合わないウマ娘が入れられていることもあったりするんです。 また、エース枠に指定されているウマ娘は調子が必ず「好調」以上になるのでできるだけステータスの高いウマ娘をエースにするようにしましょう。

それと予想✖のような勝ち目の薄いレースの戦力を他のレースに回す、という手もあったりします。 戦力が飽和してくる後半ではあまり使うことはありませんが一応覚えておきましょう。

対戦相手は基本一番上。 ただし勝ち目薄なら真ん中も全然あり

プレオープンのレースでは3チームの中から対戦チームを選択するわけですが基本的には毎回一番上(1番強い)のチームを選択するのがオススメです。 強いチームに勝利すれば自分のチーム順位がより上の順位にアップし、より多くのボーナスを受けることができます。

ただし負けてしまうと順位が上がらないどころか下がってしまったりすることもあるため、あまりに勝ち目が薄い場合は「確実に勝てる相手」に切り替えるのもひとつの手です。 個人的には「事前の予想で◎が2個以下の場合」はちょっと怪しいと思っていいと思います。〇でも普通に負けます。(体感勝率60%くらい)

それとプレオープン3,4戦目あたりの対戦相手で「シンボリ会長」が率いているチームがいた場合はよほどチームが育っていない限り挑むのはやめといたほうがいいと思います。 他のチームとは別格で強いです(-_-;)

【4】「アオハル杯」シナリオで取得できる各種スキルを覚えておこう

「アオハル杯」のシナリオで条件を満たすと取得できる各種スキルについて紹介します。

スキルの取得条件を把握しておけばその時育成しているウマ娘や状況に応じてより効果的なスキルを選択出来たり、より有利に取得することができますので是非覚えておきましょう。

「アオハル杯」で取得できる各種スキル
  • 「アガッてきた!」
    • 条件:チームランク「S」達成
  • 「アオハル燃焼」「アオハル点火」
    • 条件:シニア級11月前半までに一定回数「アオハル魂爆発」を行う
  • 「ノンストップガール」他
    • シナリオクリア時に取得。「チーム名」に応じてもらえるスキルが変化

「アガッてきた!」 条件:チームランク”S”到達

「アオハル杯」シナリオ中に『チームランク”S”』に到達すると金スキル「アガッてきた!」のヒントをもらうことができます。

「アガッてきた!」が中盤で追い抜くと速度がアップする効果を持つスキル。 効果・発動頻度ともに優秀なスキルなのでスキルptに余裕がある場合は取得してもいいと思います。 ちなみにウララなどのシナリオリンクキャラを育成ウマ娘にしている場合はもらえるヒントレベルが「3」になります(通常は1)。ちょっとお得(*’ω’*)

「アオハル燃焼」「アオハル点火」 条件:期限までに一定回数爆発

次に「アオハル燃焼」「アオハル点火」についてですが、育成終盤となるシニア級11月前半までに行ってきた「アオハル爆発の回数」に応じてヒントLvが、チームステータスによってもらえるスキルの種類が変化します。

アオハル系スキルはチームメンバーの能力に応じて自身がパワーアップするちょっと変わった効果を持ち、「アオハル杯」やチーム競技場、チャンミなどでより高い効果を発揮できるスキルです。 ちなみにソロ出走でも問題なく発動します。

詳しい取得条件などは別記事にまとめてありますので是非確認してみてください。

 

シナリオクリア時の取得スキル 条件:チーム名によって変化します。

最後にURAを制覇し、シナリオクリア後のボーナスとしてもらえるスキルについて紹介します。

ここでもらえるスキルは「アオハル杯」育成序盤の「チーム名を決めるイベント」でどのチーム名を選んだか、によって変化します。 チーム名はデフォルトでは<チーム・キャロッツ>ですが”シナリオリンクキャラ”の4人を育成ウマ娘・サポートカードキャラのいずれかで使っていると選択肢が増え、そのキャラのチーム名も選べるようになります。 

どのチーム名でどのスキルがもらえるかなどは別記事でまとめていますのでそちらを見てみてください。

【5】デッキの組み方 賢さ・友人を意識的に差して体力管理を優先

「アオハル杯」における、育成がやりやすいデッキ編成の指針についてです。

もちろん脚質や狙いによってデッキの組み方は様々なので必ずしも守る必要はありませんが、とりえず安定しやすい、というポイントの紹介となりますのでそもそもクリアできない、アオハル杯で勝てない、という方はこの辺りを意識してプレイしてみてください。

安定しやすいデッキ編成のポイント
  • 得意練習「賢さ」のカードを2~3枚組みこむ
  • 「たづなさん」「理事長代理」などの『友人サポート』も組み込む

「賢さサポート」を2~3枚組みこんで「賢さ」練習の成長・回復効果アップ

まず最初のポイントですが「賢さサポート」を複数枚組みこむと「アオハル杯」での育成がかなり安定しやすくなります。

というのも「アオハル杯」では「いかに体力消費を抑えつつ”アオハル特訓”を回数踏むか」というのが重要となるため、体力を回復しつつアオハル特訓も行える「賢さ練習」の価値がURAシナリオよりも高く、その効果をあげられる賢さサポートの価値もより高くなっているんです。

「逃げ・先行」型なら特に”賢さ”ステータスも重要視されていますし、2,3枚組みこんでも腐りにくく早い段階でアオハル特訓を重ねられることで育成を非常に優位に進めることができたりします。 おまけに賢さはSRでも優秀なカードが多く、無課金でもカードが揃いやすいのが魅力です。 それとハロウィンイベント配布の賢さSSR「ミホノブルボン」も非常に優秀なカードなので是非デッキに組み込んでみましょう。

「友人サポート」を編成して体力消費を抑える

「たづなさん」や「桐生院トレーナー」「樫本理事長代理」など、友人サポートカードも1枚入れておくと育成が安定しやすくなる心強いカードとなっています。

主な理由は「体力消費を抑える」「体力回復イベント持ち」など、やはり体力管理が安定しやすくなる、という点です。アオハル杯では本当に体力管理が重要になるんですよね・・・ お出かけでやる気も回復してくれたりするのでいざという時も安心です。

現在友人サポートは3枚あり、それぞれ特性があったりするので自分の育成にあった者をチョイスしましょう。 特徴を簡単にまとめると以下のようになります。

友人3人の特徴
  • 駿川たづな:回復の効果値もやや高く最定番の友人サポート。 お出かけでバッドコンディション回復効果もあり
  • 桐生院葵:スキルpt取得のイベントが多くスキル重視育成におすすめ。回復効果も及第点でレアリティSRなので入手・完凸が容易なのも強み
  • 樫本理子:サポート効果・お出かけでステータス補強に役立つ。お出かけで毎回体力・やる気を安定して回復できるものの効果値は2人に比べやや低め

とりあえずこの2つのポイントを意識してデッキを組んでみればより育成が安定しやすくなると思います。

とりあえず「スピード3・賢さ2・友人1」みたいな感じで組んで育成してみましょう。

【まとめ】アオハル杯の立ち回り

という訳で今回は育成シナリオ・アオハル杯での簡単な立ち回りについて紹介させていただきました。 改めて簡単にまとめると以下のようになります。

 

「アオハル杯」での基本的なコツ・流れ
  • サポートデッキに「賢さ・友人」サポートを複数入れるとより安定しやすい
  • 育成では「アオハル特訓」を優先して踏んでいく
  • 「アオハル魂爆発」はタイミング・爆発位置に注意する
  • 「アオハル杯」特有イベントで取得できるスキルの条件を覚えておく
  • イベントでは「体力回復系選択肢」を優先する

色々細かいポイントはありますがこの辺りを意識すれば安定して「アオハル杯」本戦でも勝利しやすくなり、より高いランクのウマ娘が作りやすくなると思います。

それと各種イベントでは体力回復系の選択肢を重視するのがオススメです。 本文では紹介しませんでしたが年始イベントの選択肢など、回復が選べるところでちゃんと選べるようにしているだけでもかなり違ってくると思いますので各種共通イベントについてもしっかりチェックしておきましょう。


固定ページ

投稿一覧

カテゴリー

コメント