【そんなハードで大丈夫か?】あの「エルシャダイ」にスイッチ版発売の兆し!? 特徴的なPVで大流行した話題作

スポンサーリンク
ゲーム
この記事は約4分で読めます。

【はじめに】かつて(PVが)一世を風靡した「エルシャダイ」

発売前にPVが大人気となった「エルシャダイ」

「そんな装備で大丈夫か?」

「大丈夫だ、問題ない」

・・・あれは今から36万・・・いや、10年前の出来事でした。 とあるゲームのPVがネット上で話題沸騰し、ゲーマーのみならず一般のネットユーザーにも認知され一大ブームを引き起こしたのです。

そのゲームの名は「エルシャダイ」

ゲーム自体は2011年、PS3で発売された神話をモチーフにしたアクションゲームです。 ゲーム名は知らない方でも「イーノック」や「ルシフェル」といった名前や「そんな装備で大丈夫か?」や「大丈夫だ、問題ない」といったセリフは聞いたことがあるのでは。

それらのセリフは全て最初に公開されたPVで使われているもので、妙に芝居がかった言い回しは多くの人の心を掴み、無名の初IPでありながら発売前にしてとんでもない注目を浴びることとなりました

問題のPVはこちら

発売前の注目度の割に売り上げは振るわず

PVが発売前に爆発的ブームになるという新規タイトルにしてはこれ以上ない追い風が吹いている状態ではありましたが実際の販売数は善戦はするもののあまり高いとは言えず、PS3版が61,000本ちょっと、Xbox360版が1万弱と言う数字に落ち着いています。 まぁ悪くはないですが発売前の知名度を考えると微妙と言わざるを得ないですね。

ここにきてエルシャダイに新たな動きが

そんなエルシャダイですが10年以上たった2021年になって新たな動きがみられています。

まず2021年9月2日、突如steam版を発売。 10年の時を経てsteamのランキング上位に食い込むという快挙を成し遂げます。

そしてさらに製作者の竹安佐和記さんが自身のトゥイッターでsteam版→Switch版の発売に意欲的ともとれるコメントを投稿。 10年の時を経て任天堂ハードに降臨する「エルシャダイ」が現実味を帯びてきましたね。

現在配信中のsteam版もユーザー評価は「非常に好評」とおおむね評判はいい様子。 steamを利用していない方もこの先スイッチ版が発売される可能性も高いので、発売されたら”あの話題作”をプレイしてみてはいかがでしょうか。

固定ページ

投稿一覧

カテゴリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました