【ウマ娘 プレイ記】逃げウマ娘強すぎ問題…「ヴァルゴ杯」グレードリーグにA+エルちゃんで挑む

スポンサーリンク
ウマ娘
umamusume
この記事は約5分で読めます。

ウマ娘トレーナーの皆さんこんにちは。 この間から始まったチャンピオンズミーティング「ヴェルゴ杯」 みなさんはどんな調子でしょうか。 

私は今回も身の程知らずにもグレードリーグに参戦しそのあまりの魔境ぶりに1日目にして1勝あげるのもやっとの状態で早くも後悔しております。 ・・・でもしょうがないじゃん、今回のグレードリーグ、報酬豪華なんだもん(*´▽`*)

という訳で1日目は惨憺たる結果に終わってしまいましたが得るものもあった(ような気がする)のでその反省を活かし2日目は何とかAグループ進出の条件「3勝」目指して頑張っていきたいと思います。

出走メンバーを大幅変更

スピード・パワー重視の2人とデバフ要因の3人

今回出走してもらうのはスピード・パワーの数値高めの差しウマ娘2人に全脚質向けデバフスキルを装備したネイチャを加えた3人になります。 前日の戦いでは「先行」の3人で挑みましたが終盤に走り負けてしまうことがとても多くかったので終盤の競り合いにも比較的強い「差し」作戦重視で行きたいと思います。

それとやはり全体的にステータスが見劣りすることも少なくないので1枠デバフ要因に割きます。 急遽用意することにしたので適性などは度外視。

実際に出走

1~4戦目は逃げウマ娘祭りに

てなわけで早速出走。 ・・・するも初日と同じく大人気ウマ娘のマルゼンスキー先輩やセイウンスカイら「逃げウマ娘」たちの逃走劇にどうにもならない展開に。 最終コーナーを抜けるまでですでに勝負が決してしまっているため終盤発動のデバフも効かず何度も逃げきられてしまいます。 

umamusume
umamusume

初日でも嫌と言うほど見た光景。 この2人の採用率・勝利率は非常に高くいやでも目に入ってきます。 とにかく1~4戦目はマルゼン先輩(水着)、ウンス、ウンス、マルゼン先輩が勝利と逃げウマ娘の独壇場に。 我がエルコンドルモンクも何とか食らいつき入着は果たすものの中々トップを取ることができません。

umamusume
umamusume

1番人気に推されることもしばしばでしたが結果として1着を取ることは叶わず逃げウマ娘の後塵を拝することに。 

4連敗で迎えた最終戦、ついにウマネスト出身者の意地を見せる

そして4連敗で迎えた最終戦、エルコンドルモンクがようやく一矢を報います。

最終戦の相手はグレードリーグにふさわしいステータスのタイキシャトルやウォッカなどの強豪マイル娘達。 そこそこのステータスのエルちゃんでも7番人気とかなり厳しい展開が予想されます。

umamusume

調子も「不調」で解説者にも「ちょっと元気がないですね」と心配されるエルちゃん。 幸先不安ですが何とか頑張ってもらいましょう。

レースはスタートから最終コーナーまで滞りなく進み勝負の最終直線に突入。タイキシャトルやダイワスカーレットらの先頭集団にエルちゃんやグラス、ウォッカら差しウマ娘がじわじわと詰める最終局面となります。

ようやくエルちゃんがやってくれました(*´▽`*)

最終戦にしてようやく1勝、何とか全敗は回避できました。

umamusume

という訳で今回は5戦1勝という結果に。 この後上限いっぱいまで挑戦してみましたがほんと1勝するのがやっとな感じです。  このステータスでも厳しいか―(;’∀’)

結局Aグループ進出はならず。 ラウンド1走ってみての感想

umamusume

この後上限いっぱいまで挑戦してみましたが結局3勝をあげることはできず、ラウンド2・Aグループ進出は果たせませんでした。 

走ってみての感想ですが今回のヴァルゴ杯は「逃げウマ娘」がとにかく強い感じがしましたね。 最終コーナーを曲がる辺りでウンスやマルゼン先輩が前を走っていたらまず追いつけません。 デバフもこの勝負がついた段階で発動するので「逃げためらい」等も効果的とは言えない感じがしましたね。

 ていうか3つも4つもデバフ食らってる気配があるのに全く減速している気配のないウンスを見てると「ほんとにデバフ効果あるのかこのゲーム」と感じてしまいますね(;’∀’)

たまにゴルシやオグリが勝ったりもしますがやはり採用率・勝利率を見るに「逃げウマ娘」がとにかく強い印象でした。 なかなか勝てない、と悩んでいる方は上位を取っている方の育成法を参考に強力な「逃げウマ娘」を育成してみてはいかがでしょうか。

・・・え、強いって分かってるならなんでウンスやマルゼン先輩を使わないのかって?

みんながみんな、ウンスや先輩を持ってるわけじゃないんじゃよ(;^ω^)


固定ページ

投稿一覧

カテゴリー

コメント